日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【国連について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1992/10/19 朝日新聞朝刊
懐に響くドルの力 出身国により泣き笑い(国連物語:16)
 
 今年5月、国連事務局の職員報に、派手な見出しが躍った。「公式報告! われわれの給与は、世界で最低水準だ」
 国際機関の手取り給与を比較した行政委員会の調査によると、国連本部職員に比べ、経済協力開発機構(OECD)は最高1.5倍、欧州共同体(EC)は1.3倍になるという。
 実際にはどうか。勤続6年の日本人職員Nさん(41)に、先月の給与明細表を見せてもらった。額面は7733ドル。税金相当額、年金、保険料が引かれ、手取りは4566ドル。円換算すると、月収約55万7000円になる。ボーナスはないが、これに別枠の教育費補助を加え、年収はざっと770万円だ。
 Nさんは妻と9歳の子供の3人家族。4年前にマンハッタンにアパートを購入し、給与の4割はローンや維持費に消える。交際費や交通費は出ない。
 2年に1度、帰国するたびに、Nさんは憂うつになる。85年9月のプラザ合意前まで、1ドルは240円台。給与は円換算で、当時の半分まで目減りした。将来帰国を考えれば、老後の蓄えは十分ではない。
 日本人だけではない。西欧諸国は軒並み、ドル建て給与の目減りに泣いた。
 「ノーブルメア原則」という言葉がある。国連職員の給与は、「加盟国公務員の最高水準並み」という原則だ。加盟国で給与が最も高いのは常に米国。米国公務員の1割5分増の給与が、国連職員に支払われる。ドルの力がそのまま、職員の懐に響く仕組みだ。
 だが、圧倒的にドルが強い途上国出身者にとっては夢のような高給だ。毎年、代表部から国連に転ずる外交官は後を絶たない。
 出身国により給与の実感は違うが、勤務条件は厳しくない。専門職には個室が与えられ、遅刻や早退に気を使う必要もない。「雰囲気は自由業に近い。猛烈に働く人もいるが、ぬるま湯につかっていても昇進に響かない。国際公務員としての自覚があるかどうかが差になって出る」とNさん。
 国連では、きびきびと働く女性が目立つ。給与に差別がなく、最近は優遇策で昇進にも有利になった。「日本で女性は、これだけの給与はもらえない。世界の動きを多面的に追えるのは魅力」と、人口部専門官の小野敬子さん(34)は目を輝かせる。
 日本人職員は定員枠を大幅に下回る88人。最近女性が増え続け、今は38人。ここでもじわり、男性優位が崩れつつある。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
86位
(29,202成果物中)

成果物アクセス数
134,579

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月14日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から