日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【国連について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1992/10/17 朝日新聞朝刊
文書の洪水・多すぎる人、まかり通るムダ(国連物語:14)
 
 国連本部の北側に、芝生の庭が広がる。観光客が足をとめるのは、巨大なブロンズ像「善は悪に打ち勝つ」だ。核廃絶を願って建てられたその像の下に、工場があることは、気付かない。地下3階が、年間4億枚の文書を印刷する工場だ。115人の職員が3交代、24時間不休で働く。
 「総会中は20人のアルバイトを雇うが、それでも足りない。会議用文書は公用語6カ国語を刷り分ける。1日に刷る文書は100件から300件。紙は毎日、大きなロールで15巻を使います」と、ポール・カザロフ工場長は言う。文書は増える一方で、関係者によると「安保理で配られる文書は、冷戦で機能していなかった時代には年間で数センチだったが、いまは毎日2センチぐらい」。総会は例年、「事務局文書は32ページ以下にすること」などと決めるが、「効率が官僚機構に打ち勝つ」ことはない。
 国連は事務局員のための「文章講座」を9月から始めた。要領よく決議案や報告書を書く技術を教える。9月28日は経済社会理事会で実際に使われた文書を「悪い手本」にした授業だった。講師は「報告書は決議案のリストを並べるだけではだめ。要約は骨子だけを」と、半分の長さにまとめた「模範」を示した。
 国連は非能率な組織だと言われる。人が多すぎる。会議はまず定刻に始まらない。今年6月の地球サミットでも会議の遅れに議長が「これは国連の慣習ではない」と皮肉って怒る一幕もあった。しかし、国連は本来「会議外交」の場で、日本の国会対策委員会に似て、根回しに時間がかかる。会議も無数に開かれ、無数の資料が作られる。他の国が反論しようとすれば、別の文書を用意する。文書を書けるのが「有能な国連外交官」「有能な職員」という面もある。
 「非能率」といえば、国連内部で最悪の例に持ち出されるのが、東京・渋谷にできた「国連大学」だ。土地は東京都が無償で提供、地上14階、地下1階の本部ビルの総工費130億円は政府が拠出したが、財政難などもあって本来400人程度のスタッフが入れるスペースも100人以下しか埋まっていない。が、建物は協定により、賃貸もできない。そして、次長職の学長の年給は、ニューヨークの次長が11万7890ドルなのに、東京の地域手当が3倍余もあるため、20万5536ドル。「あれはいったいなんのための機関なのか」。国連職員たちには、「壮大なムダ」と映っている。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
86位
(28,998成果物中)

成果物アクセス数
134,302

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年8月19日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から