日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【国連について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1992/10/13 朝日新聞朝刊
国籍よりも「個人の魅力」 日本から2人の国際派(国連物語:12)
 
 毎朝6時、プノンペンのホテルで明石康氏は目をさます。窓からメコン川の夜明けが見える。多忙な1日で、唯一心の安らぐ時だ。「1年前には、予想もしなかった毎日です」と、明石氏は執務室で振り返った。
 昨年暮れ、就任が決まったガリ事務総長に、日本は請願をした。「事務次長ポストを削らないでほしい」
 多くの主要国が1つしか占めていない事務次長級に、日本からは2人の国際派が座っていた。明石事務次長(軍縮担当)と、緒方貞子国連難民高等弁務官だ。
 請願から10日後の昨年大みそか、ガリ氏はホテルに明石氏を招いた。「国連カンボジア暫定行政機構の特別代表になってほしい」。明石氏は日本の代表部に相談し、2日目に応諾した。
 デクエヤル前事務総長が残した候補者リストで、明石氏は2番手だった。トップ候補は、本部ポスト兼任を申し出てガリ事務総長の不興を買い、脱落した。その「逆転」は、日本の働きかけが功を奏したからなのかどうか。
 一昨年秋、外務省高官は、即位の礼で訪日した前事務総長をホテルに訪ね、空席の高等弁務官ポストに緒方氏を推薦した。外務省はアフリカが対立候補を推していることを知ると、在外公館に緒方氏への支持を取り付けるよう指示した。英国からは「緒方さんになれば、日本は金を出すか」と打診があった。「もちろんだ」。日本側は答えた。
 2人の国連高官は、日本の後押しで就任した。だが、国力は、十分条件ではない。国際機関で通用するには、国際派の厳しい条件がある。明石氏は米国に留学中、国連幹部の勧誘で初の日本人職員になり、政務を長く担当。緒方氏も、国際学者として評価を確立している。語学が堪能(たんのう)なのはもちろん、外交官としての経験もある。外務省に請われて明石氏は国連大使、緒方氏も特命全権公使などを務めた。
 もう1つ、国内の論功や年功を基準に推薦された人事でなかった点で、2人は共通している。2人の評価に、国籍よりもまず「個人の魅力」をあげる人が多いのは、偶然ではない。言動に国内への思惑がにじんだり、「日の丸」が顔を出すことは、国際機関では忌み嫌われる。
 「昨年、日本も緒方氏も別々に、世界における新たな自分の役割を明確にしようとした。これまでのところ、緒方氏の方が先を行っている」――今年2月、緒方氏の活躍を報じた米紙の書き出しである。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
85位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
133,999

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から