日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【国連について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1992/10/10 朝日新聞朝刊
幹部ポストを競う先進国 甘い対応の日本(国連物語:10)
 
 国連事務次長の顔ぶれを見るため38階建ての国連本部ビルを歩いてみた。
 27階には行政・管理担当の米国のソーンバーグ氏。レーガン、ブッシュ両政権で司法長官を務め、上院議員選に落選して国連にきた。31階には、これも米国のリード氏。「国連創設50周年記念行事担当」という仕事より、人に会う度に自分の名前入りのペンをプレゼントすることで知られる。ともにブッシュ大統領が押し込んだといわれている。
 37階の政治局担当には、ソ連の外務次官だったペトロフスキー氏がいた。イズベスチヤ紙のコンドラショフ評論員によると「ロシア外務省では彼のポストがなかったので、国連で仕事をみつけた」。同じ階には英国のグールディングPKO担当。別棟12階には経済社会開発局担当の中国人ジイ氏。「ガリ氏が総長に立候補した時、中国がいち早く支持した論功人事」と見られている。そう、常任理事国ばかりだ。フランスも、ジイ氏とポストを争ったといわれるブランカ氏が結局、同じ次長職だがジュネーブの欧州本部事務局長になった。
 日本は、次長にも次長補にも就いていない。「影響力あるポストに日本人がいないと日本人職員は昇進が遅くなる。我々だけでなく、日本外務省も損をする」と、日本人職員は言う。
 国連で「人事はカフェテリアで」という言葉を聞く。根回しがモノをいうという意味だ。とくに幹部人事には各国の力が表れる。先進国はたいがい政府が送り込む。北欧などは、自国出身の職員を何年か外務省に入れハクをつけてから送り返す。自国の職員に国連の給与とは別に特別手当を出している国もある。ガリ氏は年次報告のなかで「出身国から補助金を受け取るのは受け入れ難い」と非難したが、効き目は薄い。「中立」が建前の国連だが、自国の職員がいれば有利だからだ。国連は生き馬の目を抜く所なのだ。
 「国連重視」の日本はどうか。こんな話がある。
 今春、ガリ氏は日本政府に財務部長を出すよう要請した。外務省は同省職員に打診したが「給与が減る」と断られ、別の人を推薦したところ、ガリ氏の方から断られた。
 9月15日午後、瀬崎克己国連大使が転任のため帰国した。国連日本人職員の面倒見がよく慕われた人で、ニューヨーク・ケネディ空港には国連職員4人が見送った。大使は「がんばれよ」と言い残した。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
86位
(29,137成果物中)

成果物アクセス数
134,509

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年9月23日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から