日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【国連について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1992/10/06 朝日新聞朝刊
切り札「拒否権」 行使の「そぶり」に威力(国連物語:6)
 
 中国は先月、「抜かずの剣」のつかに手をかけた。
 ボスニア・ヘルツェゴビナに展開する国連保護軍の増派決議案を、安保理が検討していた最中のことだ。
 米国の原案は、強制措置をうたった国連憲章第7章を引用していた。「当事者の同意」を原則としていたこれまでの平和維持活動(PKO)を一歩踏み出す内容だ。PKOが強制行動に傾くことを警戒した中国は、「第7章」の文言を削らなければ「拒否権」を使う、と英国に通告した。
 審議は3時間ストップし、米国は「第7章」を削って代わりに「武力行使容認決議を実施する」との欧州共同体(EC)の妥協案で決着を図った。中国は結局、棄権に回り、決議は採択された。
 国連憲章に、「拒否権」という言葉はない。「常任理事国の1カ国でも反対すれば決議は成立しない」という原則を指す。冷戦時代、米ソの賛同がなければ、安保理の決議も一片の紙切れに過ぎなかった。「5大国一致」によってのみ国連の総意は保証される、という現実に立った発想だったといえる。
 しかし、実際の発動は限られている。中国が過去に行使した21回の拒否権のうち、16回はワルトハイム事務総長3選を阻んだ投票だ。この10年、中国は一度も拒否権を使っていない。最多の124回を記録した旧ソ連ですら、集中していたのは60年代まで。70年代は11回、80年代は5回。それも84年が最後になった。米国が初めて70年に拒否権を使い、90年までに82回に達したのとは対照的だ。
 「中国もロシアも、拒否権はもう使えない。使えば孤立するのを知っている」(米国連代表部筋)
 先月末、国連総会で演説したベネズエラのオチョア外相は、「拒否権は時代遅れ。国連憲章の精神に反する。1カ国が多数の総意を覆すようなことがあってはならない」と述べ、拒否権の廃止を提言した。だが5大国が、この既得権を手放す見込みはない。まだ、交渉の切り札として有効だからだ。
 一昨年11月の対イラク武力行使容認決議では、関係国が中国の真意を探り、拒否権を行使しないことを確認して採択にかけた。その後も、中国が難色を示すたびに、米英仏は決議案の表現を修正し、譲歩している。「拒否権は、使うことより、ちらつかせることに意味がある。これ以上の脅しはない」と安保理の交渉を見てきた外交官はいう。
 「抜かずの剣」は、まださびていない。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
85位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
133,999

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から