日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【国連について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1992/10/02 朝日新聞朝刊
没落するロシア、まるで「米国の太刀持ち」(国連物語:2)
 
 「ブルーヘルメット(国連平和維持部隊)は攻撃されたらやり返すべきだ」
 9月22日、国連総会でロシアのコーズィレフ外相の演説が各国外交官や国連職員の間で、ちょっとした話題になった。国連での最近のロシアの姿を象徴しているというのである。強硬な姿勢で存在感を示そうという「パフォーマンス」だけではない。英語で「リターン ファイアー」(やり返せ)と訳された、国連演説としては珍しいむきだしの表現に、「ロシアにプロの外交官が少なくなっているのを感じた」(国連筋)のである。
 その数日前には、ロシアが久しぶりに拒否権をちらつかせる「事件」もあった。米、英が中心となって進めた新ユーゴスラビアの国連からの追放決議をめぐる国連安保理の折衝の裏側で、「新ユーゴを交渉の場に残すべきだ」と主張してのことだ。拒否権はかつてのソ連のお家芸だが、下手に使うと孤立しかねない。各国ともタカをくくっていた。
 結局、ロシアは最終決議案に主張の一部が採り入れられたとして、新ユーゴ追放賛成に回った。
 米、英、仏3カ国がイラクのアルアンバリ国連大使を国連フランス代表部に呼び、「飛行禁止区域設定」を通告した席にウォロンツォフ・ロシア国連大使が求められてもいないのに同席し、結局4カ国の通告となったことも。
 「ロシアは最後は米国についてくる」――これがいま、国連での「常識」である。
 かつての「ニエット」(ノー)の国はなぜ、「ダー」(イエス)に変わったのか。
 ロシアを代表する外交評論家コンドラショフ・イズベスチヤ紙評論員は「政策の変化はゴルバチョフの時から始まった。ロシアは自国を西側の一員と見なしたがっているのだ」という。国連内部では「ロシアは、国内の民族紛争解決をやがては国際的な平和維持部隊に頼ろうと思っているからだ」という見方が多い。
 ロシアはこれからも「米国の太刀持ち」であり続けるのか、どうか。
 コロソフ・ロシア外務省付属モスクワ国際関係大学教授が「いまの国連での立場は確立したものではない。外交政策自体が完全に定まっていないのだ。ロシアは米国と同じ役割は果たせない」というように、一時的な姿だという見方も強い。
 過渡期の国連。そのなかで、ロシアの影は小さく、淡い。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
85位
(28,901成果物中)

成果物アクセス数
134,065

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年6月10日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から