日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【国連について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1992/10/01 朝日新聞朝刊
とり仕切るP5、いまや安保理の「奥の院」(国連物語:1)
 
 今年8月、国連安全保障理事会が非公式協議で、南アフリカ共和国問題を話し合っている最中のことだ。議長の李道豫・中国大使は、渡されたメモを見ると、理事国メンバーを見渡した。
 「協議を一時中断したい。P5が今から事務総長と会う約束になっています」
 気まずい沈黙が流れ、何人かが首を振った。
 パーマネント・ファイブ。常任理事国5カ国を略し、国連ではP5と呼ぶ。安保理のさなかに、P5が割って入る。いかに5大国の権限が強大でも、前例のないことだ。結局、P5がキプロス問題を話し合うため、安保理は打ち切られた。
 湾岸危機以降、P5は安保理の「奥の院」になった。重要案件はすべてP5会合で決まり、決議案が練られる。残る非常任の10カ国は、案文にわずかの修正を加えるだけだ。湾岸以降、P5が承認し、採択されなかった決議案は1件もない。
 P5会合は、各国が当番国に要請して開かれる。場所は、5カ国の代表部か、国連本部。米代表部の場合は、11階の大使室の隣にある会議室だ。参加者は、各国大使と補佐官の2人ずつ。
 会合の内容はもちろん、いつ、どこで開かれたかも公表されない。非常任国ですら、国連内にアンテナを張りめぐらし、情報をつかむのに躍起だ。P5が関係国に相談して、ようやく情報が広がっていく。
 「うちの部屋にご案内しましょう」
 9月22日、英国のハード外相と会談した渡辺外相は、国連本部3階の迷路のような廊下を通って、ある一室に案内された。どの代表部も、国連本部には部屋がない。「P5は国連にも部屋があるのか」。日本側は驚いた。P5は、信託統治理事会の部屋も自由に使用している。
 P5の中にも序列がある。中央にいるのは米国。英国はほぼ同格で、担当官は時に米国の案に対し、「そんな発想はクレージーだ」と、ぴしゃりといいのける仲だ。米英の調整が済むと、フランスに相談する。この“P3”会合で、ほぼ決議案の輪郭は固まる。
 「ロシアは、異議を唱えない。最後に残る中国は、棄権はしても、最終的には案をのむ」と米代表部の担当者はいう。
 
 このシリーズはニューヨーク支局の国連本部取材を中心に、海外総・支局、政治部、外報部が担当します。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
86位
(29,202成果物中)

成果物アクセス数
134,579

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月14日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から