日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【国連について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1992/08/25 朝日新聞朝刊
台風の目 ガリ国連事務総長:上(なんでもQ&A)
 
 今年1月から第6代の国連事務総長に就任したブトロス・ブトロス・ガリ氏(69)の言動が注目を集めている。国連事務局の改革を断行する一方で、5大国中心の安全保障理事会にも苦言を呈するなど、歴代事務総長の中でも個性が際立っているためだ。6月には国連平和維持活動(PKO)の大胆な改革案も提出。その活発な発言は、激動する冷戦後の国連で、台風の目となりつつある。9月中旬から始まる国連総会を前に、国連元職員の母親と大学生の息子が話し合った。
 
息子 最近よく国連のことが話題になるけれど、ガリさんって、国連で一番偉い人?
 国連は総会を中心に、安保理や経済社会理事会、信託統治理事会などの機関でできているの。その機関を補助し、決定を実施するのが事務局。事務総長はそのトップにいて、世界中にちらばる国連システムの2万5000人以上の職員を統括しているのよ。
息子 じゃあ、日本でいえば行政府の長、総理大臣かな。
 違うわ。国連の機関はそれぞれ管轄権があって、決定はあくまで各国の代表が行う。たとえば「国際の平和と安全の維持」は安保理の専管事項。常任理事国5カ国と、非常任理事国10カ国がすべて決めるの。安保理の決議は全加盟国を拘束するから、とても重要なのね。事務総長の仕事は、その決定を受けて、事務局を指揮しながら実施するだけ。
息子 そうか、だったら事務局長といえばいいのにね。
 国連憲章の位置づけでいえば、そうね。でも実際は、とても大切なポストなの。憲章には、「国際の平和と安全を脅かす問題について安保理の注意を促すことができる」と書いているし、国際紛争の調停役もする。自分で特使や使節団を送って事実調査をさせたり、和平交渉の仲介もしたりする。それに、安保理の決定の土台になるのは、事務局の分析や調査をまとめた報告書だから、実務はすべて事務総長が取り仕切っているといってもいいわ。
息子 最近、ガリさんと安保理の間がギクシャクしている、って聞いたけど。
 ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争のことね。欧州共同体(EC)が中心になって、7月にロンドンで和平合意をまとめた。安保理は、その合意をもとに、重火器を国連が管理する実施計画を出すように要請したのに、ガリ総長は「現状では無理」と突っぱねた。しかも、安保理がユーゴスラビアにだけ関心を集中させていることを批判して、同じように悲惨なソマリアにも目を向けるよう訴えた。気まずい空気があったのは確かね。でも、安保理は、結果的にガリさんの意向を受け入れて、和平実施は断念した。その後ソマリアの人道援助が本格化したことは、ニュースで知っているでしょ?
息子 うん。でも安保理は面白くないだろうね。
 欧州の国はそうかもしれない。でも、ボスニア紛争で停戦は何度も破られているし、事務総長の言い分ももっともだった。ソマリアや他の地域紛争が軽視されてきたのも確かだと思うわ。
息子 ずいぶん個性が強いようだけど、ガリさんってどんな人?
 カイロの地主の家に生まれた。祖父は首相、叔父が外相を務めた名門の出で、パリ大学で国際法の博士号をとった。本来は学者なのね。でも77年にサダト大統領に引き抜かれて外交担当国務相になり、14年間もエジプト外交の中心にいた。去年5月に副首相に昇格したけれど、ベテランの国際派の道を歩んだ人よ。
息子 でも、その割には余り名前を聞かなかったな。
 エジプト・イスラエル平和条約のもとになった78年のキャンプ・デービッド合意は知っているわね。ガリさんは舞台裏でその交渉に深くかかわったといわれている。でも、ガリさんを、エジプトでは傍流という人もいる。本人がコプト教徒(キリスト教徒)だし、奥さんがユダヤ系だから、主流にはなれなかったという解説もあるくらい。でも、だからこそ孤立を恐れず、直言できると評価する人もいる。国連は一刻の政権と違って、力がすべてじゃないから、堂々と理路を説く人が必要なんだっていうのね。
息子 理想主義者なんだね。
 でも、理想だけじゃ国際政治が動かないのも事実ね。でもその話は、お茶を飲んだ後で続けましょう。
(ニューヨーク=外岡秀俊)
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
86位
(29,137成果物中)

成果物アクセス数
134,509

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年9月23日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から