日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【国連について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1985/10/02 朝日新聞朝刊
国連査察班が厳しい現状分析 援助・経済で大幅な改革を
 
 【ジュネーブ30日=柳沢特派員】「余りにも活動が細分化されている」「各機関の協力はお粗末」「意味のない資料や出版物の洪水」・・・国連40周年を機に、国連が抱えるさまざまな問題が論議される中で30日、国連内部の特別査察チームが恐ろしく厳しい現状分析を公表した。
 報告は、思い切った改革が必要な分野として開発途上国への援助体制をあげ、また経済問題への対応の弱さには「経済安保理事会」といった新しい国際機関を考えるべき時期ではないかと述べている。しかし、調査のもう1つの焦点であった平和と安全保障問題については、「安保理は不十分だが、結局これ以上のものはない」としている。
 この調査は、国連職員及び大使級の十数人からなる特別査察チームが68年から進めてきたものだが、その1人、モーリス・ベルトラン主任査察官が個人の名前で発表した。
 報告はまず現状分析として国連の欠陥を▽活動が過度に細分化されている▽各機関の協力の欠如▽資料や印刷物の凡庸さ▽多過ぎる職員及び資格付けのレベルの低さ▽職員の研修や職能開発政策の欠如▽決議作成における言葉だけのやりとりと現実感覚の不足▽事業のやり方と結果の判定の弱さ――など、歯に衣(きぬ)着せず列挙。これら欠陥は「単なる運営の誤りではなく、国連というシステムの構造そのものに根ざしている」と指摘している。
 その主な原因は▽システムとして国連が運営できるのは、難民救済や技術問題などわずかしかない▽平和、開発、世界会議などの分野での活動が、すべて交渉によるため各国の意見がまとまらない、と述べている。
 報告はこれらを踏まえたうえで、大幅な改革を提言しているが、特に早急な対応が必要なものとして、開発援助計画を挙げ、「国連を通して開発援助への出資は、政府開発援助(ODA)全体のわずか6.5%にすぎないのに、これらが30以上の機関に分散されて被援助国に届いている」と各機関の協力と計画の統合を主張。
 また、交渉の場としての国連について報告は、植民地解放を人口、環境問題など多くの点での貢献を認めながらも、現在のシステムが特に経済の分野で機能していない主な理由は、経済大国がそっぽを向いているからだとし、大国が受け入れられるような交渉の場を世界レベルでつくる必要を強調。国連経済社会理事会(ECOSOC)、国連貿易開発会議(UNCTAD)に代わる限られた国(23カ国程度)による理事会の設置を提唱している。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
86位
(29,137成果物中)

成果物アクセス数
134,509

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年9月23日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から