日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【天皇制について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1990/11/12 朝日新聞朝刊
即位の礼を迎えて(社説)
 
 天皇、皇后両陛下が今年2月、久しぶりに音楽会に出かけられた時のことだ。東京・渋谷の会場を出たお2人の周りに、人垣ができた。数人が遠慮がちに手を伸ばすと、両陛下はきわめて自然に握手に応じられた。
 天皇になられてからの人垣のなかでの握手は、このときが初めてだったのではあるまいか。海外ご旅行中は別として、昭和天皇にはなかったことである。この夏、軽井沢のテニスコートの近くで握手に応じられた光景も、テレビを通して茶の間に流れた。皇太子時代と変わらない親しみやすさ――多くの人がそれを感じている。
○国際社会の祝福と責任
 きょう、即位の式典が行われる。
 心からお祝い申しあげたい。両陛下のご健康とご一家の幸福を改めて願わずにはいられない。この式典に160の国・国際機関の代表が参列する。たいへんな数である。
 国際社会で、かりに日本が独善的で頼りにならない国だったらどうだろう。また、天皇制が軍国主義時代にそうであったように、他国から不信と警戒の目でみられるものであったらどうだろう。
 いくらわが国が経済協力大国であってもおそらく、こんなさかんな祝福は期待できなかっただろう。国際社会での責任の大きさを自覚しつつ、世界中から寄せられた祝福を率直に喜びたい。
 陛下は、去年1月の即位後朝見の儀で、新しい天皇が「国民とともにある」ことを明言された。上から伝えるような調子を避け「皆さんとともに」と述べられたところに、陛下の決意がうかがえた。
 陛下が暦の順に、沖縄戦終結の日、広島、長崎の原爆の日、終戦記念日の4つを忘れてはならない日と位置づけてこられたことは、よく知られている。8・15の戦没者追悼式で陛下は、去年も今年も「さきの大戦において、尊い命を失った数多くの人々」に言及された。戦陣、戦禍に倒れた日本国民だけでなく、日本軍が加害者となった海外の人びとへの追悼の気持ちを、この言葉に託されたものと推察される。
 身障者への激励も、天皇が皇后とともに格別に重視されてきたことだ。重度の障害者を見舞われる時、陛下は目を同じ高さに合わせるためにひざを床に着けることがある。
 天皇は、意見や感想を自由にお述べになる立場にはない。そうした制約のなかで陛下が強い関心をお示しになるのは、いわば人類の普遍的な価値に対してである。陛下がめざす象徴制のもとでの天皇像は、まさに時代にふさわしいというべきだろう。
○象徴天皇制考える機会
 象徴天皇制は制度として一応定着しているものの、国民の生活実感のなかで明確な輪郭を持っているかといえば、まだそう断言できないように思われる。天皇の活動の範囲をめぐって疑問が提出されたり、ごく一部の間からとはいえ「天皇の存在が軽くなる」という心配の声が出たりするのは、1つにはこうした背景があるためだろう。
 主権在民のもとでの象徴天皇制は、わが国の長い歴史と比較するとき、生まれてまだ日が浅いというべきだろう。すでに完成した制度とみるよりも、成熟への過程にあるとみる方が適切ではあるまいか。成熟への努力が求められるのである。
 一層の成熟に向けて大きな役割を担わねばならないのは、内閣や宮内庁であろう。新聞やテレビなどマスコミも、これに加えるべきかもしれない。
 即位の礼や大嘗祭(だいじょうさい)のあり方をめぐって今回、いろいろの論議が起きた。皇室の伝統的な儀式と、主権在民や信教の自由との間に、どう折り合いをつけるべきか。なにしろ、新しい憲法のもとでの最初の経験である。国民一人ひとりが象徴天皇制を身近に考える機会となった。
 1つ、残念なことがある。内閣、宮内庁の担当者たちの作業の多くが、世間の論議と離れたところで、内々に進められたことだ。国民の共感をよぶ方法とは、言えなかった。
 自由な論議を恐れず、むしろ情報を提供し論議の深まりを歓迎する。こうした姿勢を政府に求めたい。豊かな論議こそ、成熟の土台である。こんごの課題といえるだろう。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
32位
(28,901成果物中)

成果物アクセス数
231,735

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年6月10日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から