日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【天皇制について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1989/02/24 朝日新聞朝刊
大喪のときを迎えて(社説)
 
 昭和天皇をおくる、最後の日がきた。きょう東京には、日本人だけでなく、世界中からの弔問者があつまる。
 代表がやってきたのは、163カ国、28国際機関。米国のブッシュ大統領はじめ元首級の人たちも多数ふくまれている。だれも予想しなかった規模である。
 あの第2次大戦の時代をへて、87歳の長寿をたもたれた故天皇が、世界でも他にあまり例のない存在になっておられたこともあるだろう。だが、やはり日本が経済の面で世界中に影響力をもつ存在になっていることが、大きな背景にある。
 同時に、平和憲法のもとで、軍事大国にならず、すべての国と友好関係をもつ姿勢をとってきた成果でもあろう。昭和天皇が即位されたころの日本は、アジアに登場した軍事強国として、世界から警戒されていた。60余年後のいま、これだけ大きく変わった。
 だれの胸にも、深い感慨があるのではないか。もちろん、それが大金持ちの国になった満足感や、優越感などであってならないのは、いうまでもない。日本がこれほどの変化をとげた過程には、内外の無数の人びとの、悲劇と犠牲があった。
 その傷あとは、内でも外でも、まだ癒えて(いえて)はいない。きょう中国から親さがしに帰ってくる残留孤児の人たちがいる。なおうずいてやまない傷口の1つといえる。こうした歴史の重みをかみしめ、いま日本が世界にむけて負う責任を、あらためて自覚することが、大事である。
 大喪の礼に参列する諸国の代表の中には、いわば「恩讐(おんしゅう)をこえる」気持ちできた人も多いにちがいない。国民の間にある反対の声をおしきってきた国もあれば、はじめに予定した人を別の人に変えなければならなかった国もある。
 この国際社会に対して日本は、ただ援助などの経済的な貢献だけしていればすむわけではない。それにもまして大切なのは、こんごとも軍事大国の道を選ばず、自由と民主主義を守りぬく姿勢をあきらかにすることである。世界は、そのあかしを求めている。
 きょうの日を前に、弔問使とはべつに、大勢の外国報道陣が来日している。かれらが関心をもっているのは、昭和天皇の葬送にあたって示す日本社会の反応だろう。かつての天皇制のもとで、国をあげて「暴走」した日本が、はたして、どこまで変わったか、それとも変わっていないのか、そこを見つめようとしている。
 戦後、新しい憲法で天皇の地位が戦前とは違うものになったことは知っていても、天皇制はなかなか理解しにくい制度である。日本人自身、まだ象徴天皇制を成熟させてゆく過程にある。
 昨秋以来の「自粛」ムードなど、やや異様な現象があった。政教分離の原則からみて、大喪の礼と神道儀式のけじめにあいまいさが残った。文部省が全国の子どもに弔意の意義を教えるよう通知するといった、上からの統制的な空気も根強く生きている。
 天皇のご逝去を機に、新しく日本人の前に出てきた問題はいくつもあるし、それらは軽いものではない。
 ただ少なくとも、これらを指摘し、議論することができる社会になっていることは、確かめられた。この40余年、われわれは国民一人ひとりが、自分の考えにもとづいて行動できる民主主義社会をつくってきた。故天皇も、その後半生を「国民統合の象徴」として生きられた。
 この事実を世界に知らせるとともに、われわれ自身、この努力をしつづけることを、たがいに誓い合う。これが、激動の生涯をおえられた天皇をおくるきょうの日にあたって、もっとも大切なことではないだろうか。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
32位
(29,244成果物中)

成果物アクセス数
233,264

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年12月9日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から