日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 地球科学.地学.地質学 > 成果物情報

ムラサキイガイに関する海洋環境研究 調査研究報告書

 事業名 ムラサキイガイに関する海洋環境研究
 団体名 国際海洋科学技術協会 注目度注目度5


 
 
 
Since 1984, the National Status and Trends (NS&T) Program has monitored, on a national scale, spatial and temporal trends of chemical contamination and biological responses to that contamination. Temporal trends are being monitored through the Mussel Watch project that analyzes mussels and oysters collected annually at about 200 of those sites.
 
日本の環境省のモニタリング
 
「化学物質と環境」にまとめられ毎年公表されている
 
 
「化学物質と環境」(通称「黒本」)は、環境安全課が昭和49年以来実施している化学物質の環境調査結果をまとめて公表する年次報告書です。
 
1. 平成13年度化学物質環境安全性総点検調査
(1)環境調査
(2)水質・底質の経年監視(水質・底質モニタリング)
(3)指標生物の経年監視(生物モニタリング)
2. 平成13年度指定化学物質等検討調査
(1)環境残留性調査
(2)暴露経路調査(日常生活において、人がさらされている媒体(一般大気、室内空気、食事)別の化学物質量に関する調査)
3. 平成13年度有機スズ化合物に関する環境調査
4. 平成13年度非意図的生成化学物質汚染実態追跡調査







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
231位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
48,244

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.ムラサキイガイに関する海洋環境研究 委員会資料
2.離岸流等の観測手法及び特性把握に関する研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から