日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

国際海事監査制度セミナー

 事業名 基盤整備
 団体名 運輸総合研究所 注目度注目度5


国際海事監査制度セミナー 〜海洋環境保護の観点から〜
 
日時:2003年5月27日(火)
場所:IMO(世界海事機関、ロンドン)
出席者数:239名
 
挨拶
Mr. William A. O'Neil IMO事務局長
基調講演
(1)英国:Mr. Brian Wadsworth 運輸省物流・海事局長
(2)キプロス:Mr. Nicolaos L. Charalambous IMO代表
(3)日本:篠村義夫 氏 (社)日本造船研究協会 技術顧問
パネルディスカッション
モデレーター
米国:Rear Admiral Paul J. Pluta 米国コーストガード次長
パネリスト(上記、Mr. Brian Wadsworth 及び Mr. Nicolaos L. Charalambous に加え)
(1)日本:小橋 雅明 氏 国土交通省海事局 外航課長
(2)日本:神 久泰 氏 (財)日本海事協会国際室長 他
 
 







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12,234位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
109

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.複数空港における機能分担ー国際比較と我が国の大都市圏での評価
2.広報・研究資料の配布「UITP-Public Transport International誌」
3.地域諸団体との連帯(地域運輸のフォーラムの開催)
4.運輸政策セミナー
5.研究学術誌(季刊・運輸)
6.ITPS-REPORT 首都圏の鉄道の将来ー10年後の姿ー
7.総合交通の研究事業項目
8.運輸政策のシンポジウム(研究報告会)
9.運輸政策コロキウム
10.アメリカ航空産業の現状と日本の対応(セミナー)
11.国際海上物流セキュリティーセミナー
12.日米運輸協力コンファレンス(環境にやさしい自動車の開発普及)
13.WEBシャトル
14.アメリカ航空産業の現状と分析
15.都市交通統計における新手法の開発研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から