日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

アメリカ航空産業の現状と分析

 事業名 基盤整備
 団体名 運輸総合研究所 注目度注目度5


アメリカ航空産業の現状と分析

(拡大画面:27KB)
目次
米国航空業界の動向及ぶ米国政府支援策についての分析と日本への示唆
<ポイント編>
I. 米国航空業界の現状と今後の展望
1. ネットワークキャリアの輸送シェアの低下
(1) 6大ネットワークキャリアの需要減少
(2) 低コストキャリアの輸送シェア増加
(3) 輸送シェア変化の原因
(4) 6大ネットワークキャリアの需給ギャップ
2. 収入環境の変化
(1) 6大ネットワークキャリアの収入環境の変化
(2) 低コストキャリア
3. 営業費用削減の遅れ
(1) 6大ネットワークキャリアの営業収入減少への対応
(2) 低コストキャリアの対応
(3) ネットワークキャリア人件費削減の効果
4. 市場構造
(1) 6大ネットワークキャリアの市場別ユニット収入、費用、利益、シェア
(2) 市場の特徴
 
II. 政府支援措置のインパクト
1. 支援措置の便益額
2. 市場別の便益額
3. 営業損失額
4. 支援措置の効果
5. その他の政府支援措置
(1) 政府ローン保証
(2) コックピットドア補強費の返還
(3) セキュリティー料金一時免除
(4) 政府戦時航空保険の再延長
 
III. 我が国の取るべき対応
1. 米国航空産業の現状評価と今後の動向
(1) 現状評価
(2) 今後の動向
2. 日本の航空産業の今後の対応
(1) 競争の促進
(2) コスト削減の促進
(3) 公正な国際競争の確保
 
6大ネットワークキャリアと低コストキャリア<資料編>
1. 営業利益
1-1. 6大ネットワークキャリア営業利益額<グラフ>
1-2. 6大ネットワークキャリアユニット営業利益<グラフ>
1-3. 6大ネットワークキャリア営業利益額及びユニット営業利益<表>
1-4. 低コストキャリア営業利益額<グラフ>
1-5. 低コストキャリアユニット営業利益<グラフ>
1-6. 低コストキャリア営業利益額及びユニット営業利益<表>
2. 有償旅客マイル(RPM)、提供座席マイル(ASM)
2-1. 6大ネットワークキャリア有償旅客マイル<グラフ>
2-2. 6大ネットワークキャリア有償旅客マイル<表>
2-3. 低コストキャリア有償旅客マイル<グラフ>
2-4. 低コストキャリア有償旅客マイル<表>
2-5. 6大ネットワークキャリア提供座席マイル<グラフ>
2-6. 6大ネットワークキャリア提供座席マイル<表>
2-7. 低コストキャリア提供座席マイル<グラフ>
2-8. 低コストキャリア提供座席マイル<表>
3. 営業収入、イールド
3-1. 6大ネットワークキャリア営業収入額<グラフ>
3-2. 6大ネットワークキャリアユニット営業収入<グラフ>
3-3. 6大ネットワークキャリア営業収入額及びユニット営業収入<表>
3-4. 6大ネットワークキャリアイールド<グラフ>
3-5. 6大ネットワークキャリアイールド<表>
3-6. 低コストキャリア営業収入<グラフ>
3-7. 低コストキャリアユニット営業収入<グラフ>
3-8. 低コストキャリア営業収入額及びユニット営業収入<表>
4. 営業費用
4-1. 6大ネットワークキャリア営業費用額<グラフ>
4-2. 6大ネットワークキャリアユニット営業費用<グラフ>
4-3. 6大ネットワークキャリア営業費用額及びユニット営業費用<表>
4-4. 低コストキャリア営業費用額<グラフ>
4-5. 低コストキャリアユニット営業費用<グラフ>
4-6. 低コストキャリア営業費用額及びユニット営業費用<表>
 
米国航空業界の動向及び米国政府支援策の分折と日本への示唆<詳細編>
I. 米国航空業界の現状と今後の展望
1. 旅客輸送の動向
(1) 旅客数
(1) 全体
(2) 市場別
(3) キャリア別
(2) 旅客輸送量(RPM)
(1) 全体
(2) 市場別
(3) キャリア別
(3) 旅客輸送力(ASM)
(1) 全体
(2) 市場別
(3) キャリア別
(4) 座席利用率(Load Factor)・損益均衡座席利用率(Break-even Load Factor)
(1) 全体
(2) 市場別
(3) キャリア別
2. 収入の動向
(1) イールド(旅客収入/RPM)
(1) 全体
(2) 市場別
(3) キャリア別
(2) ユニット利益・収入・費用(営業利益・営業収入・営業費用/ASM)
(1) 全体
(2) 市場別
(3) キャリア別
3. 営業費用の動向
(1) ユニット費用(営業費用/ASM)
(1) 全体
(2) 費用項目別
(3) キャリア別
(2) 営業費用削減の取り組み状況とそのインパクト
(1) 人件費削減
(2) 整備費削減
(3) 機材構成の合理化と容量削減
(4) チケット販売費用削減
(5) 機内食の有料化
(3) 収入拡大への取り組み
(1) 国内マーケッティング・アライアンスの拡大
(2) 新しいイメージの低コスト・低運賃運航子会社の創設
4. 低コストキャリアの状況とネットワークキャリアとの比較
(1) 旅客輸送量(RPM)
(2) 旅客輸送力(ASM)
(3) ユニット利益・収入・費用(営業利益・営業収入・営業費用/ASM)
(4) ネットワークキャリアとの比較
5. 6大ネットワークキャリアのハブ空港運用状況
(1) キャリア別ハブの状況
(1) アメリカン(AA)
・ダラス・フォートワース(AAのシェア1位)
・シカゴ・オヘア(AAのシェア2位)
・マイアミ(AAのシェア1位)
・ロスアンジェルス(AAのシェア3位)
(2) ユナイテッド(UA)
・オヘア(UAのシェア1位)
・ロスアンジェルス(UAのシェア1位)
・ワシントン・ダレス(UAのシェア1位)
(3) デルタ(DL)
・アトランタ(DLのシェア1位)
・ソルトレイクシティー(DLのシェア1位)
(4) ノースウェスト(NW)
・ミネアポリス・セントポール(NWのシェア1位)
・メンフイス(NWのシェア1位)
(5) コンチネンタル(CO)
・ヒューストン(COのシェア1位)
(6) USエアウェイズ(US)
・シャーロット(USのシェア1位)
(2) 上記から伺えるポイント
 
II. 米国政府による航空業界支援策の効果と競争上のメリット
1. 9/11テロ事件後の米国政府による航空業界支援策
(1) 航空輸送安定化法、航空・運輸保安法、国土保安法による支援
(1) 直接資金注入
(2) 政府ローン保証
(3) 政府戦時航空保険
(2) 経済活性化法による減税
(3) 緊急戦時補正予算法による支援
(1) セキュリティー費用返還金
(2) セキュリティー料金一時免除
(3) 政府戦時航空保険の延長
2. 9/11テロ事件後のセキュリティー強化策に伴う費用増の状況
(1) 米国航空業界の主張するセキュリティー強化策に伴う費用増
(1) 航空事業者保安料
(2) 旅客保安料
(3) 保険費用
(4) 郵便輸送・貨物輸送制限
(5) コックピットドア強化費用
(6) エアマーシャルヘの座席提供
(7) 空港保安費用
(2) 上記増加費用の検証
(1) 航空事業者保安料
(2) 旅客保安料
(3) 保険費用
(4) コックピットドア強化費用
(5) エアマーシャルヘの座席提供
3. 9/11テロ事件後のEU及び日本における航空業界支援措置
(1) EU
(2) 日本
4. 米国政府による航空業界支援策の米国航空業界に与えた効果と競争上のメリット
(1) 米国政府による航空業界支援策の規模
(2) 米国政府による航空業界支援策が競争に与えた影響
 
III. 我が国の取るべき対応
1. 米国航空産業の現状評価と今後の動向
(1) 現状評価
(2) 今後の動向
2. 日本の航空産業の今後の対応
(1) 競争の促進
(2) コスト削減の促進
(3) 公正な国際競争の確保
 
※表紙と目次のみの公開とさせていただきます
 
 
 
 





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,514位
(31,548成果物中)

成果物アクセス数
1,492

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月9日

関連する他の成果物

1.国際海事監査制度セミナー
2.複数空港における機能分担ー国際比較と我が国の大都市圏での評価
3.広報・研究資料の配布「UITP-Public Transport International誌」
4.地域諸団体との連帯(地域運輸のフォーラムの開催)
5.運輸政策セミナー
6.研究学術誌(季刊・運輸)
7.ITPS-REPORT 首都圏の鉄道の将来ー10年後の姿ー
8.総合交通の研究事業項目
9.運輸政策のシンポジウム(研究報告会)
10.運輸政策コロキウム
11.アメリカ航空産業の現状と日本の対応(セミナー)
12.国際海上物流セキュリティーセミナー
13.日米運輸協力コンファレンス(環境にやさしい自動車の開発普及)
14.WEBシャトル
15.都市交通統計における新手法の開発研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から