日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【死刑廃止について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2003/05/22 読売新聞夕刊
池田小事件論告求刑 検察側「死刑廃止論は空疎」(解説)
◆無差別殺人に強い姿勢
 付属池田小事件で宅間守被告(39)に死刑を求めた検察側の論告は、死刑廃止論にまで言及し、それを「空疎なもの」と痛烈に批判した。死刑制度の存置か廃止かを巡る論議が長年続く中、法務・検察当局が、これほどの直接的な表現で、死刑が必要だとの考えを法廷で表明するのは異例だ。
 この背景には、被害児童八人の遺族全員が極刑を求めていることに加え、無差別大量殺人事件に対する検察側の強い姿勢が見える。
 先月、麻原彰晃こと松本智津夫被告に死刑を求刑した「地下鉄サリン事件」などと同様、この日の論告でも「早急かつ厳重な処罰が、同種犯行を抑止するためには必要不可欠」と強調した。
 こうしたスタンスを踏まえ、「どうしても負けられない裁判」(大阪地検幹部)と位置づけてきた検察側は、唯一の争点である刑事責任能力について、被告は精神病ではなく人格障害で刑事責任を問えると主張、確実に極刑に持ち込む構えを取ってきた。被告人質問では、被告の反発の態度がその無反省ぶりや過去の数々の反社会的行動を浮き彫りにし、逆に検察側の主張を補強する形になった。
 刑事裁判で、人格障害は刑の減免事由である心神喪失、耗弱に当たらないとする解釈が一般的だ。この事件では、二度の精神鑑定の結論からも、公判はほぼ検察側のもくろみ通りに推移してきたといえる。
 これに対し弁護側は「犯行当時、被告は心神喪失か耗弱状態」との主張を崩していない。多角的な論告の内容に、六月の最終弁論で、どれだけ説得力のある言葉で反論を加えることができるのか。これまでの審理からみて、弁護側が苦しい立場にあることは間違いなさそうだ。
(正岡明)
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(29,236成果物中)

成果物アクセス数
147,886

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年11月18日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から