日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【ダム建設について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2003/06/18 朝日新聞朝刊
清流保護か利水推進か、絡み合う思惑 ダム攻防第2幕(川辺川発)
 
 熊本県の川辺川ダム建設計画が立ち往生しかけている。ダムから農地に水を引く利水事業をめぐる裁判で、原告農民が国に逆転勝訴して1カ月。日本一といわれる清流をめぐって農民たちは「次はダム建設の中止を」と勢いづく。国は、県収用委員会を舞台とする第2ラウンドでも防戦に追われている。
 「国は、ダムに代わる新たな水源を探さなければならない」
 裁判の原告団長だった梅山究さん(72)ら10人が5日、東京・霞が関の農水省で農村振興局次長に申し入れた。
 約2千人の原告団は、5月末に国が上告を断念して勝訴が確定したあとも解散せず、ダム中止を求める新組織に衣替えする準備を進めている。
 収用委が攻防の第2ラウンドになるのは、ダムの下流でアユなどをとる漁民の漁業権をめぐる対立からだ。
 国は当初、地元の球磨川漁協に16億5千万円の漁業補償を示した。これを漁協が退けたため、国交省は一昨年末、漁業権を強制収用するため裁決を収用委に申し立てた。
 収用委は、敗訴した国が利水計画をどう改めるかに注目する。熊本県弁護士会会長でもある塚本侃(つよし)会長(56)は二審判決の10日後、国に「利水計画のおおまかな変更方針を6月25日の次回審理で示してほしい」と宿題を出した。
 利水計画を大きく変えると、ダム本体の建設手続きにも影響が及ぶ可能性がある。さらに、もし「ダム計画が収用申請時から著しく変わった」とみなされると、申請の前提が崩れ、却下される。国は漁業権を収用できず、ダム建設を進めることもできなくなる。
 地元農家の意見は一色ではない。環境破壊を心配してダムに反対するグループがある一方、営農規模を大きくしたい人たちは「ダム推進」を求める。7年にわたる裁判は両派の間に深い溝をつくった。
 潮谷義子・熊本県知事は「国が農家の意向を把握せずに計画の変更を示せば、農家は再び対立する」と心配し、二審判決後、「農家の意見を一軒一軒聞くことから始めるべきだ」と強調した。
 県の意向を受け入れ、国は利水の対象農家4400戸全戸の意向調査に踏み切ることを今月9日に決めた。「水はいるか」「ダム建設を容認するか」などの質問が想定され、アンケートか面接かなどの調査方法はこれから詰める。「収用委が求める期限に間に合わせることは不可能」と県幹部は言う。
 農水省幹部は「収用委にはとりあえず全戸調査の方針を伝える。調査結果が出るまで判断を待ってもらえるんじゃないか」と期待する。
 調査結果を踏まえて新たな利水計画を作るには1年かかるとされる。
(西山貴章)
◇キーワード
<川辺川ダムと川辺川利水事業>
 川辺川ダムは、国土交通省が66年、熊本県に建設を計画した多目的ダム。総事業費2650億円。すでに周辺工事に1856億円が投入された。国は08年度完成を予定している。
 利水事業は同ダムを水源とする農地潅漑(かんがい)が目的で、熊本県人吉市などの農民約4千人が対象。計画当初は米作への要望が強かったが、減反時代に入ったこともあり、農水省は94年に計画を縮小した。
 同省は受益農家から同意書を集めたが、事業に反対する農家が提訴し、必要な「受益者の3分の2以上の同意」が得られたかどうかなどが争点になった。一審は国が勝訴。二審・福岡高裁は5月16日、「本人が署名押印したとは認めがたいものがある」などとして農家の逆転勝訴を言い渡した。
●川辺川ダムを巡る経緯
年.    
66.     旧建設省が川辺川ダム計画を発表
84. 8   農水省が国営川辺川土地改良事業(利水事業)を決定
94. 2   農水省が事業計画を縮小
  12   反対農家が農水相に異議申し立て
96. 3   農水相が意義申し立てを棄却
  6   農家が棄却の取り消しを求め熊本地裁に提訴
00. 9   熊本地裁が請求を棄却。農家側が控訴
01. 12   国交省がダム本体着工のため、熊本県収用委員会に球磨川漁協の漁業権収用の裁決申請
02. 2   第1回収用委開催。以後毎月1回審理
03. 5   福岡高裁が農家側の逆転勝訴判決
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
223位
(29,244成果物中)

成果物アクセス数
46,306

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年12月9日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から