日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【ダム建設について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1991/01/30 朝日新聞朝刊
吉野川せき止め「転流式」 近畿地建、大滝ダム建設へ弾み 奈良
 
 近畿の水がめとして計画されている大滝ダム(吉野郡川上村)のダムサイトの建設に向けて、吉野川をせきとめる仮締め切り工事に着手する転流式が29日、同村大滝の吉野川河川敷であった。近畿地方建設局大滝ダム工事事務所は、民家の移転交渉、山林買収がまだ残っているものの、これで本体工事の着手に弾みがつき、平成6年度完成をめざしたい、といっている。
 仮締め切り工事は、ダムサイトを建設するため、吉野川の流れをう回させる。工事に伴う土砂のたい積などでアユ、アマゴの成育、漁場に影響を受ける吉野漁協(喜多村銕夫組合長、1536人)と、約15.5キロの漁場流域がダム湖に水没する川上漁協(辻弘義組合長、1197人)との漁業補償交渉が合意、吉野漁協は5億8000万円で、川上漁協は13億円で妥結している。
 転流式には、福田晴耕大滝ダム工事事務所長、大谷一二川上村長ら約100人が出席。大型ブルドーザーが約600立方メートルの土砂を幅3メートル、長さ20メートルにわたって川面に押し出し、吉野川の流れをせき止めた。川の流れは、右岸側に59年に貫通している全長450メートル、高さ7.5メートルの仮排水路トンネルに向きを変えた。作業員がたる舟をトンネルに流し、工事の安全を祈願した。
 同事務所の説明では、ダムサイト建設地から上流150メートル地点と、下流250メートル地点に仮締め切りの堤防を造ったあと、6月中旬にもダム本体の基礎岩盤の掘削工事にかかる。また、同事務所は、水没家屋(487戸)のうち、移転交渉がまとまっていない31戸との交渉、水没する買収山林のなかで用地取得ができていない29.6ヘクタールの取得に全力を挙げる考えだ。
 大谷村長は「昭和34年の伊勢湾台風の災害を教訓にダム建設が決まった。しかし、40年に建設計画が策定された後、村中心部の移転など生活補償、漁業補償が難航した。ダム本体の建設が始まるが、村を出た人、残った人を考えると複雑な気持ちだ。今後は、ダム湖の景観を生かし、観光立村を目ざし周辺整備を進め、村再生に努めたい」と話している。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
222位
(28,995成果物中)

成果物アクセス数
46,051

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年8月12日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から