日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【ダム建設について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1989/06/28 朝日新聞朝刊
雪解け水阻むダム建設で「琵琶湖底は死ぬ」 学者ら懸念 【大阪】
 
 滋賀県北部の豪雪地帯、伊香郡余呉町に建設省がつくる高時川ダムが、たっぷり酸素を含んだ雪解け水を貯水してしまい、琵琶湖の深層に酸素を供給してきた雪解け水の機能を弱めるのではないか、と琵琶湖の研究者たちが心配している。同省近畿地方建設局の実施した環境影響評価ではこの問題は検討されておらず、今後、議論になりそうだ。
 琵琶湖には年間53億立方メートルの水が流入、うち融雪水は10億立方メートルと推定されている。水深約100メートルの最深部の水にも酸素が行き渡り、生物の生息やきれいな水質を維持してきた。しかし1950年代以降、湖底の溶存酸素量は減り続けており、鈴木紀雄滋賀大教授は「あと20余年で無酸素状態になる」と指摘している。
 最近の共同研究(代表・吉良竜夫滋賀県琵琶湖研究所長)で、奥田節夫岡山理科大教授(地形物理学)らは、湖底水の酸素は冬季に湖水の表層と下層が混合しあい補給されるほか、雪解け水が重要な役目を担っていることを明らかにしている。
 それによると、雪解け水は溶存酸素量が多い。水温は零度に近く、泥や砂の濁りを含み、早春の湖の表層水より密度が高い。3―4月に雪解け水が湖に入ると、湖底の傾斜に沿って薄い層をつくりながら深部にゆっくり流れ落ちる。底層水は水温が低下すると共に、溶存酸素濃度が上昇する。
 奥田教授は「ダムに貯水するうちに酸素が消費され、水温も上がる。どの程度かは詳細に調査する必要があるが、湖底への酸素供給の面で良い影響は考えにくい。ダムの操作に工夫もいるだろう」とみている。
 高時川ダムは姉川の支流・高時川の余呉町小原に建設され、ロックフィル構造、堤高145メートルの大ダムで、総貯水量は1.5億立方メートル。治水、流量の維持と淀川下流の都市用水開発が目的。昨年度から事業予算がついている。
 近畿地建がこのほどまとめた環境影響評価準備書では、ダム湖の水質について水温、濁度、富栄養化の3項目を予測。いずれも問題ないとした。
近畿地方建設局の安田佳哉河川計画課長の話
 他の湖で融雪水のこのような機能について聞いたことはない。検討の必要があるのか疑問に思う。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
220位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
45,760

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から