日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 風俗習慣.民俗学 > 成果物情報

自然と文化 75号

 事業名 観光資源の保護思想の普及高揚
 団体名 日本ナショナルトラスト  


写真に残されたヤミ族の生活
 
涼み台前の女性
 縦縞の上着、腰巻を身につけ、首から大きな飾り(ラカ)をかけて、盛装している。儀礼の際には、通常、更に、帽子、銀の腕輪などを身につける。
(1897年 撮影−鳥居龍蔵 東京大学総合研究博物館所蔵)
 
■蘭嶼のフィールドワークでは、写真は特別重要な意味を持っている。最初の調査者である島居龍蔵は、重いガラスの乾板を持ち込んで、ヤミ族の記録を残した。当時としては、最先端の技術である。以後の研究者はこうした鳥居の意気込みを、大なり小なり、受け継ぐことになった。鹿野忠雄、瀬川孝吉による大部の図説民族誌(An Illustrated Ethnography)は、その一つの到達点であろう。現在でもヤミ族の文化は十分に個性的であるが、こうした古い写真をみると、この百年の間に失われたものも多いことを知ることができる。
 
 涼み台は、村人が気楽に立ち寄り、雑談のできる社交の場でもある。このように二層になっている例は珍しい。
(1987年 撮影−鳥居龍蔵 東京大学総合研究博物館所蔵)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
267位
(30,771成果物中)

成果物アクセス数
39,062

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年4月20日

関連する他の成果物

1.自然と文化 73号
2.自然と文化 74号
3.第3回 地域シンポジウム「シンポジウムからつ '03」?Yosaoiソーランエンヤ祭? 報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から