日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

Conference Proceedings Vol. I, II, III

 事業名 海事シミュレーションと船舶操縦に関する国際会議の開催
 団体名 日本船舶海洋工学会 注目度注目度5


3. WAVE IMPACT SENSITIVITY ANALYSIS
 A small tanker of data as in Tab. 1 is used as an input to the simulation experiment of wave actions due to the second order forces.
 
Table 1 Ship data
L[m] = 97.4 cB[-] = 0.76
B[m] = 16.6 D[m] = 4.1
T[m] = 7.1 P/D[-] = 0.87
H[m] = 9.4 n[1/s] = 2.35
m[t] = 8950 m11 = k11m = 0.06m
Jz[tm2] = 5.2・106 m22 = k22m = 1.00m
AR[m2] = 12.3 m66 = k66Jz = 0.83Jz
λR[-] = 1.5 cm[-] = 0.8
 
 The most essential details of the ship manoeuvring mathematical model (4) constituting a basis for the simulation are presented below, which could effect the interpretation (validity) of the simulation output.
 
Rudder forces:
 
 
MzR = FyRxR (19)
 
 
vRy = c2(vy + ωzxR) (22)
 
Hull forces:
 
 
tgβ = -vy/vx, β∈<-180°,+180°> (25)
 
 
 The rudder lift and drag coefficients as functions of the rudder incidence angle and propeller thrust load are taken from [1] and shown in Figs. 1 and 2.
 
Fig.1 
Rudder lift coefficient as function of propeller thrust load coefficient.
 
Fig.2 
Rudder drag coefficient as function of propeller thrust load coefficient.
 
 The coefficient of hull surge force (ship resistance) cfxh is calculated according to:
 
cfxh = cfxho・cosβ・(1 - Ωm2 (27)
 
where cfxho is the resistance coefficient (negative) in a straight ahead motion.







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
122位
(32,630成果物中)

成果物アクセス数
108,008

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月17日

関連する他の成果物

1.MARSIM'03 開催報告
2.本会議及びワークショップ開催状況写真
3.九州における離島住民からみた交通バリアフリー化に関する調査研究?鹿児島県をモデルケースとして? 報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から