日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

中国主要造船企業の概要と事業展開に関する調査

 事業名 造船関連海外情報収集及び海外業務協力事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


5.3 業務
5.3.1 業務内容
 船舶の新造船が主体。
 他に港湾機械、クレーン・輸送機械、圧力容器、冶金・鉱山設備、水力発電設備、石油化学工業設備、鉄鋼構造物の設計・製造・補修、海洋プロジェクト、橋、機電プラント工事、舶用関連部品・設備の販売、自社の製品及び技術の輸出業務、研究に要する補助資材・器機、機械設備、部品及び技術の輸入業務。
 
5.3.2 設備
 
表5-5: ドック数
長さ(m) 幅(m) 深さ(m) 万DWT クレーン 備 考
480 106 12 30 600t×1 門型クレーン、建設中クレーン1基
360 76 14 30 600t×1 門型クレーン、建設中クレーン1基
 
表5-6: 艤装岸壁
長さ(m) クレーン
640 -
 
表5-7: 設備の種類及び数量
設備 能力 数量
デジタル制御パイプ・ベンダー 400t 1台
クレーン 32t 6台
21m・プレート・ベンダー 2200t、3ローラー 1台
デジタル制御プラズマ切断機   4台
型鋼/鋼板予処理生産ライン 全長180.74m 1本
平面ブロック建造生産ライン 22.5m×20m 1本
出所:上海科学技術情報研究所市場調査研究部
 
5.3.3 受注・建造実績
 
表5-8: 主要受注・建造実績一覧表
受注日 種類・用途 万DWT 船主・ユーザー 竣工/予定日 サイズ
2001年5月 ばら積み船2隻 17.5 泰昌祥輪船(香港)有限公司 2003年6月 289m×45m×24.5m×16.5m、15kt(第1船)
2002年1月 FPSO 1隻 15 中国海洋石油総公司中国海洋石油南海西部公司 2003年6月 上海初のFPSO 262.2m×46m×24.6m
2002年5月 ばら積み船2隻 17.5 Bocimar(ベルギー) 2003年 289m×45m×24.5m×16.5m、15kt(第1船)
2002年5月 ばら積み船2隻 17.5 COSCO 2003年11月 同上 COSCOが国内造船所へ発注した最大バルク
2002年10月 ばら積み船2隻 17.5 アメリカ 2004年 同上
2002年12月 FPSO 1隻 17 中国海洋石油総公司渤海公司 2004年 290m×50m×20m
出所:上海科学技術情報研究所市場調査研究部
 
5.3.4 その他
●設計レベル
 708研究所と「上海欣業船舶海洋工程設計有限責任公司」を設立。「上海欣業船舶海洋工程設計有限責任公司」は「上海外高橋造船有限公司」の船舶の研究・設計・開発を行う。708研究所は研究者25人を派遣。
 
●日系・外国企業との提携
 フランスGTT社、ERI社とLNG船の建造技術で提携。江南造船(集団)有限責任公司と共同でフィルム型E80 MOCK-UPの設計・建造に成功。
 
5.4 経営・財務状況
5.4.1 資本金、出資者
 
表5-9: 主要出資者及び出資率
(2001年12月31日現在)
出資者 出資率
中国船舶工業集団公司 63.64%
上海宝鋼集団公司 18.18%
上海電気(集団)総公司 18.18%
出所:国家工商行政管理局
 
5.4.2 売上げ
 2001年は売上額の報告なし。
 
5.5 今後
5.5.1 最近のトピック
1)LNG船MOCK-UPの設計・建造(2002年8月)
 江南造船(集団)有限責任公司と共同でフランスGTT社、ERI社と協力して、フィルム型LNG船のE80 LNG船のMOCK-UPの設計・建造に成功。8月9日、BVから江南造船(集団)有限責任公司と共同でLNG船MOCK-UP建造証書を取得。
 
2)造船所の第1期建設工事が完成(2002年10月)
 30万DWTの大型ドック2基が完成。600tのガントリークレーンも取付け、第1期工事の公式竣工は検査を経て2003年10月となる予定。既に前倒しで第2期がスタート。
 
3)17万DWT FPSOを受注(2002年12月)
 中国海洋石油総公司傘下の渤海船舶重工有限公司と上海で17万DWT FPSOの建造契約を締結。
 
5.5.2 事業計画
●建設工事計画
 造船所建設に総投資額32億元を計画、第1期工事は28億元。2063年10月の公式竣工後の年間新造船能力はl05万DWT。第2期建設工事は2004年に正式にスタートする計画であり、第2期建設工事完成後の年間造船能力は180万DWT。
 
●2003年に50万DWT、2004年に倍増を計画
 造船所を建設しながら、すでに新造船の建造を開始。2003年に17.5万DWTのケープサイズ型ばら積み船2隻、15万DWTのFPSO1隻の計3隻50万DWTを竣工。2004年は100万DWTの船舶建造を計画。
 
●ブランドを立ちあげ、市場の開拓を図る
 「上海外高橋造船」のブランドを確立するため、17.5万DWTのケープサイズ型ばら積み船を標準船型にして量産するとともに、23万DWTのケープサイズ型ばら積み船、16万DWTのSuezmax 油槽船、11万DWT Aframax型油槽船等を開発、新たな市場の開拓を図る。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
219位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
50,928

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.Shipbuilding in Japan 2003
2.中国造船業の概要<2002年>
3.中国造船業の概要<揚子江流域>
4.2003年度 欧州造船政策動向調査
5.中国主要海運企業の概要と事業展開に関する調査
6.国際海事情報シリーズ76 タイ国におけるフェリー網整備に関する調査
7.国際海事情報シリーズ77 米国における次世代水上交通システム構築に関する調査
8.国際海事情報シリーズ78 米国における舶用ベンチャーの事業化支援制度に関する調査
9.国際海事情報シリーズ79 欧州における航海機器のシステム化の現状と動向に関する調査
10.国際海事情報シリーズ80 天然ガスの新たな輸送方式に関する調査
11.国際海事情報シリーズ81 欧州の国家造船業を支援するEUの諸政策
12.国際海事情報シリーズ82 欧州舶用関連企業による対中国戦略に関する実態調査
13.国際海事情報シリーズ83 太平洋諸国(オセアニア諸国)における新規造船需要と経済協力に関する調査
14.国際海事情報シリーズ84 欧州造船業を巡る知的財産権とその保護-英国を中心として-
15.国際海事情報シリーズ85 最近の米国の海洋政策策定の動向
16.国際海事情報シリーズ86 東南アジアにおける内航船の安全・環境規制に関する調査
17.国際海事情報シリーズ87 アフリカ諸国造船需要動向調査
18.国際会議「地球未来への企画“海を護る”」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から