日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

平成15年度 ハノイにおける都市及び公共交通開発セミナー 報告書

 事業名 基盤整備
 団体名 海外運輸協力協会 注目度注目度5


Combination of Various Public Transport Modes
Mode Transport capacity (000)
(pass./hr./direction)
Practical speed in urban area
 (Km/hour)
Cost
Infrastructure
(US$ mil/Km)
Vehicle
(US$ mil/unit)
Bus Street 3 or less 10 - 15 - 0.1 - 0.2
Priority lane 3 - 5 15 - 18 - 0.1 - 0.2
Exclusive lane 5 - 8 15 - 20 minimal 0.1 - 0.2
Busway 10 - 15 20 - 30 2 - 3 0.1 - 0.3
Medium
Size
Rail
Tram/LRT
(at grade)
10 - 15 15 - 25 10 - 20 0.1 - 0.2
AGT
(elevated)
6 - 12 25 - 30 30 - 40 0.5 - 1.0
Monorail
(elevated)
15 - 25 25 - 30 30 - 50 1.0 - 1.2
LRT
(elevated)
25 - 35 25 - 30 35 - 45 1.0 - 1.2
Rapid
transit
Surface 50 - 70 30 - 35 20 - 25 2.0
Elevated 50 - 70 30 - 35 40 - 50 2.0
Underground 50 - 70 30 - 35 100 - 150 2.0
 
 
 







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,037位
(31,734成果物中)

成果物アクセス数
3,945

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年2月22日

関連する他の成果物

1.JTCA 30年のあゆみ
2.2003年度 国際協力事業団集団研修 都市交通コロキウムII 国別報告書(翻訳)
3.海外運輸 2003年2・3月 139号
4.海外運輸 2003年4・5月 140号
5.海外運輸 2003年6・7月 141号
6.海外運輸 2003年8・9月 142号
7.海外運輸 2003年10・11月 143号
8.海外運輸 2004年1月 144号
9.港湾の観光レクリエーション機能の充実に関する研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から