日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 国防.軍事 > 成果物情報

海事の国際的動向に関する調査研究事業報告書 =海洋汚染防止関係=

 事業名 海事の国際的動向に関する調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


まえがき
 この報告書は、当協会が日本財団の助成金及び日本海事財団の補助金を受け、平成15年度に実施した「海事の国際的動向に関する調査研究(海洋汚染防止関係)」事業を取りまとめたものである。
 
平成16年4月
社団法人 日本海難防止協会
 
緒言
 IMO(国際海事機関)が策定した「海洋汚染防止条約(MARPOL 73-78条約)」は、条約本文、議定書及び6つの附属書、すなわち附属書I(油による汚染の防止のための規則)、附属書II(ばら積みの有害液体物質による汚染の防止のための規則)、附属書III(容器への収納の状態で海上において運送される有害物質による汚染の防止のための規則)、附属書IV(船舶からの汚水による汚染の防止のための規則)、附属書V(船舶からの廃物による汚染の防止のための規則)及び附属書VI(船舶からの大気汚染防止のための規則)から構成されている。
 すでに、附属書I、II、III、IV及びVは発効に至っている。また、附属書VIについては本年中に発効要件が満たされる見込みである。
 我が国は、現時点で附属書IからVに加入し、国内法である「海洋汚染及び海上災害の防止に関する法律」を整備・改正するなど積極的対応を進めてきた。
 特に昨年の動向で特筆すべきはシングルハルタンカーの規制問題であろう。平成14年11月にスペイン沖で沈没したシングルハルタンカー“プレスティージ号”の油汚染事故を受け、欧州連合はシングルハルタンカー規制強化策の欧州地域内での独自の実施を打ち出すとともに、国際レベルでの実施を目指すため、昨年3月にIMOに対してMARPOL条約附属書Iの改正を求める提案を行った。そして、昨年12月の第50回MEPCにおいて、シングルハルタンカーのフェーズアウトのさらなる前倒し、シングルハルタンカーでの重質油輸送の禁止及び状態評価スキーム(CAS)の改正案が採択された。これらMARPOL条約附属書Iの改正は来年4月5日に発効する予定である。
 さらに、1990年代以来継続中であった「船舶バラスト水及び沈殿物の管制及び管理のための国際条約」に関しても、本年2月の外交会議において採択された。
 本事業では、IMOを中心とする海洋汚染防止に係る国際的動向を的確に把握し、関係するこうした条約の国内法への導入及び行政の円滑な運営等に寄与するため、関係当局、関係民間団体及び学識経験者が一体となって問題点の検討を行い、情報の連絡を密にしてIMOの関係会議に対する国内意見の統一、調整及び対応の強化の一助とするなどの作業を学識経験者、専門家及び関係団体からなる委員会を設置して進めてきた。
 本報告書は、平成15年度における海洋汚染防止に関する国際的動向をとりまとめたものである。
 本報告書の作成に当たり、ご協力をいただいた関係各位に厚く感謝の意を表するとともに、本書が海洋環境保全の一助としてお役に立てば幸いである。
 
委員会名簿
(順不同、敬称略、( )内氏名は前任者)
委員長
上田 浩一 独立行政法人海上技術安全研究所環境・エネルギー研究領域
  海洋汚染防止研究グループ上席研究員
 
委員
池田 宗雄 東海大学海洋学部教授
福代 康夫 東京大学アジア生物資源環境研究センター教授
石田 廣史 神戸大学海事システム科学講座海洋気象学研究室教授
岡村 敏 元IMO海洋環境部次長
増田 恵 社団法人日本船主協会常務理事
工藤 栄介 財団法人シップ・アンド・オーシャン財団常務理事
井崎 宜昭 日本内航海運組合総連合会審議役
中村 靖 財団法人日本海事協会船体部主管
梶田 智之 社団法人日本造船研究協会基準部主任研究員
桐明 公男 社団法人日本造船工業会技術部部長
 
関係官庁
小滝 晃 国土交通省総合政策局環境・海洋課海洋室長
(昆 信明)
小橋 雅明 国土交通省海事局外交課長
石田 育男 国土交通省海事局安全基準課長
田中 護史 国土交通省海事局舶用工業課長
林田 博 国土交通省港湾局環境・技術課環境整備計画室長
伊藤 松博 海上保安庁警備救難部環境防災課長
荒井 真一 環境省地球保全局環境保全対策課長
(太田 進)
小松 正之 水産庁増殖推進部漁場資源課長
 
オブザーバー
菅原 一美 財団法人シップ・アンド・オーシャン財団海洋政策研究所 部長代理
加々美 康彦 財団法人シップ・アンド・オーシャン財団海洋政策研究所 研究員
 
ご尽力いただいた方々
落合 眞和 社団法人日本船主協会海洋部
柳瀬 啓 社団法人日本造船研究協会基準部
村岡 英一 国土交通省総合政策局環境・海洋課海洋室専門官
関口 澄夫 国土交通省総合政策局環境・海洋課海洋室海洋係長
永井 啓文 国土交通省海事局安全基準課国際第二係長
森吉 直樹 国土交通省海事局舶用工業課計画係長
内藤 了二 国土交通省港湾局環境・技術課環境整備計画室環境対策係長
武田 治 海上保安庁警備救難部環境防災課国際係長
竹政 正一 海上保安庁警備救難部刑事課環境取締係主任
長崎 孝俊 環境省地球環境局環境保全対策課審査係長
井上 清和 水産庁増殖推進部漁場資源課課長補佐
西山 裕也 国土交通省海事局技術課技術第三係長
 
事務局
津田 眞吾 社団法人日本海難防止協会常務理事
菊地 武晃 社団法人日本海難防止協会海洋汚染防止研究部長
若林 邦芳 社団法人日本海難防止協会企画国際室長
和田 雅人 社団法人日本海難防止協会海洋汚染防止研究部主任研究員
吉田 勝美 株式会社水圏科学コンサルタント企画開発室長
久城 圭 株式会社水圏科学コンサルタント主任研究員







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,034位
(32,376成果物中)

成果物アクセス数
9,619

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年6月27日

関連する他の成果物

1.海事の国際的動向に関する調査研究事業報告書(海上安全)
2.海事の国際的動向に関する調査研究事業報告書(海上安全) 別冊 AISの国際的動向に関する調査研究
3.海と安全(秋号)No.518 「どうする!放置船・艇」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から