日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 国防.軍事 > 成果物情報

海事の国際的動向に関する調査研究事業報告書(海上安全) 別冊 AISの国際的動向に関する調査研究

 事業名 海事の国際的動向に関する調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


14時間後の状況
 他の船が入ってきた。S号、M号ともまだ入港していない。船は数珠つながりの様相を呈してきた。
 
翌日(26時間後)の状況
 他の船が更に連なってきた。ここでロングビーチ側のM号がいなくなったのがわかる。つまり入港したということである。
 
テロ発生の翌日(38時間後)夕刻の状況
 テロ発生の翌日夕刻、既に多くの船が入港を果たしている。
 
2日後の朝(50時間後)の状況
 更に船がかたまってしまうが、夕刻には入港を果たしている。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
592位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
16,481

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.海事の国際的動向に関する調査研究事業報告書(海上安全)
2.海事の国際的動向に関する調査研究事業報告書 =海洋汚染防止関係=
3.海と安全(秋号)No.518 「どうする!放置船・艇」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から