日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【自衛隊について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1996/07/20 産経新聞朝刊
【主張】自衛隊に必要なものは何か
 
 平成八年版の防衛白書「日本の防衛」が、十九日に公表され、その中で「国民の自衛隊への期待の高まりに応えて、より幅広い役割を果たすよう求められている」と、新防衛計画の大綱(昨年十一月)で示された新しい任務への取り組みが表明されている。
 大綱によって、自衛隊は、一方で防衛力の規模縮小(コンパクト化)が求められながら、他方では、これまでの国家防衛という主任務に加えて、大規模災害への取り組みや、国際貢献といったさらなる役割も与えられた。過重ともいえるこうした任務を果たしてもらうために、わたしたちがいま自衛隊に望んでいるのは何なのか、白書を機にそのいくつかを挙げておきたい。
 第一は、モラル(道徳)とモラール(士気)の高揚である。国際貢献で海外に派遣された隊員たちが、その士気の高さ、作業の的確さで自衛隊の国際評価を高めていることは喜ばしい。しかし、極東ロシア軍という大きな直接脅威が衰退傾向にあり、国内的には自衛隊規模縮小、防衛予算の実質的切り下げなど、士気が低下していく要因をはらんでいることも事実である。昨年十一月、石川県・小松沖でのF15撃墜事件や先月リムパック演習での米海軍A6攻撃機撃墜事件に、これらが遠因している可能性もなしとしない。
 平時に武力集団の士気を維持するのは至難だが、防衛庁・自衛隊を取り巻く内なる情勢は、さらに隊員の道徳性をも損なう危険が内在している。
 そして、そのうえでプロフェッショナリズムの確立である。戦闘集団がアマチュア集団と明確に区別されるところは、任務におけるリスクの高さである。リスクを恐れては、戦闘集団の任務が達成できない。国際貢献の名の下に、自衛隊が紛争地域へ派遣されるのは、アマチュアの手に余るリスクがそこにあるからである。訓練もまた同じである。
 ところが、自衛隊の訓練では、往々にして訓練目的以上に「安全」のプライオリティー(優先順位)が高い。安全は重視しなければならないが、訓練目的の達成レベルを落としてまで安全を尊重していては、緊張感に欠け、かえって事故を誘発する場合もある。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14位
(29,208成果物中)

成果物アクセス数
433,973

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月21日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から