日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【自衛隊について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1991/03/16 読売新聞朝刊
[社説]掃海艇派遣、また「だれかがやって」ですむか
 
 イラクがクウェート沖に敷設した機雷は、千個とも千五百個ともいわれる。いま、アメリカ、イギリス、ドイツの掃海艇が、懸命に除去に取り組んでいる。オーストラリア、オランダも参加するという。
 これまでにやっと二百五十個を処理したが、安全に航行できるようになるには、まだ半年以上かかるといわれる。日本の参加への期待が高まっている。
 日本は、かつて、終戦後の、日本周辺海域の一万個におよぶ機雷を掃海した実績を持っている。海上自衛隊の掃海技術は、世界の最高水準とされている。
 ペルシャ湾では、ふだん、タンカーなど日本関係の船舶が、一日二十隻前後も航行している。ペルシャ湾の安全は、日本自身の利益と深いかかわりがある。
 日本が、この海域の安全の回復に協力するのは、能力の点からいっても、また必要性からみても、当然である。
 法的にも問題はないというのが、政府の見解だ。八七年八月、当時の中曽根首相は「機雷の除去は武力の行使ではなく障害の排除。(ペルシャ湾への掃海艇派遣は)海外派兵にはあたらない」と述べ、自衛隊法上可能との見解を示している。
 この時は、イラン・イラク戦争のさなかだった。紛争に巻き込まれる危険性などを懸念した後藤田正晴官房長官の反対もあって、実際には「政策判断」として派遣を見合わせた。
 今回はどうか。湾岸戦争は終わった。機雷の除去は、戦争行為ではなく、戦後の復興作業の一環である。
 日本が掃海作業に参加しても、他国から攻撃される恐れはない。また、それに参加することが、社会党などが主張しているような、「集団的自衛権の行使」にあたるものでないことも、明白である。
 自衛隊の掃海艇を派遣することに反対する理由はない。むしろ率先して、海の安全を回復する国際活動に、協力する決意を表明すべきだろう。
 「なし崩しに海外派兵につながる」という反対論は、文民統制(シビリアン・コントロール)の自己否定だ。武力行使を目的にした海外派兵と、非戦闘的な国際的平和活動の区別すら、政治家がきちんと判断できないようで、どうするのだ。
 ドイツでは、今回の、北大西洋条約機構(NATO)域外への初の掃海艇派遣について、野党の社民党も「人道的支援」として支持している。憲法の理念に沿って、なすべきこと、そうでないことを、冷静に議論して行動を決めることこそ、本当の文民統制ではないか。
 アジア諸国に懸念があるようなら、日本の行動があくまでも平和な国際協力活動であることを説明し、理解を得るようにするのも、政治の責任だろう。
 「戦後の復興に協力する」ことは、野党も口をそろえて主張していたではないか。いざその具体的行動の時がくると、あれもこれも反対というのが、これまでのパターンだった。今度もまた日本は、「だれかがやってくれる」のを待つというのか。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14位
(28,998成果物中)

成果物アクセス数
433,284

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年8月19日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から