日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【自衛隊について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2002/05/09 毎日新聞朝刊
[社説]有事法案 周辺事態に直結する認識を
 
 武力攻撃事態法案など有事法制3法案の本格的な審議が、衆院の特別委で始まった。政府は法案の性格を、危急の時に日本を守るためだと強調してきたが、それだけではない。周辺地域で軍事行動を起こす米軍を、後方から強力に支えるための仕組みだという目でとらえる必要がある。
 有事法制に込められた二つの機能のうち、一つは、小泉純一郎首相の「備えあれば憂いなし」という言葉に象徴される。日本が攻撃されたとき、自らを守るための役割だ。現行法制では、自衛隊の迅速な行動に支障があるし、人権や財産権が超法規的に侵されるおそれもある。いざという場合、首相の権限を強めたり、私権制限を国民に納得しておいてほしいという趣旨だ。法案に批判的な野党も、民主、自由両党は、その点で強い異論を唱えてはいない。
 もう一つが、周辺地域で、不穏な動きが起きたり、起きそうになったときの米軍との関係だ。
 武力攻撃事態法案は、日本への武力攻撃が(1)発生した事態(2)おそれのある場合(3)予測されるに至った事態――に分けている。基本的には、(1)と(2)が日本自身を守る場合、(3)が日本以外の有事だ。
 99年成立の周辺事態安全確保法では「放置すれば武力攻撃に至るおそれのある事態」(周辺事態)に、自衛隊が米軍に食糧や水などを後方地域で供給できる法制を整えた。ところが、有事法制が完備すると、周辺事態と「武力攻撃が予測される事態」は重なったり、連続性を持つようになる。中谷元防衛庁長官は国会答弁で、ほぼ共通するとも述べている。
 周辺事態法のままなら、自治体や国民は、政府から協力を「求められる」段階にとどまる。それが有事法制下では、政府と国会が認定すると、自治体は首相から自衛隊や米軍のため、空港、港湾、病院などの施設、土地の使用を命じられる。拒否すれば代執行で強制使用となる。民間人も食糧やガソリンなどの保管命令に反すると、最高懲役6月の処罰を受ける。
 これらの対応は、周辺地域での米軍の行動を、政府に加え、自治体や国民も直接、間接に支援・協力することになる。そうした法制だということを認識すべきだ。
 仮に朝鮮半島で軍事行動が起きれば、「武力攻撃の予測事態」になるだろう。悪の枢軸とみる米国による朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)攻撃を、日本全体で支援することになる。台湾海峡での衝突も、米軍の行動しだいで、中国側を敵に回す。
 米軍支援は、国会承認の手続きがあり、自動的にかかわるとは限らない。ただ、日本は戦後半世紀以上、周辺地域の安全に自ら関与する政策はとってこなかった。周辺事態法に続く有事法制の整備は、アーミテージ米国務副長官が、就任前の2000年10月にまとめた報告の中で指摘しており、米国の要請に合致する。日本が周辺地域の安全にも積極的にかかわる国に変わるのかどうか、これこそ有事法制で最大のポイントであることを認識すべきである。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14位
(29,137成果物中)

成果物アクセス数
433,681

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年9月23日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から