日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【自衛隊について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1998/04/29 毎日新聞朝刊
[その時どうなる]日米防衛新指針/1 周辺事態 「実質的判定は米」
◇日本政府、定義もあいまい
 新たな日米防衛指針(ガイドライン)に伴う関連法案が閣議決定され、国会に提出された。成立すれば日本周辺で武力紛争が起き、米軍が対処する際、日本は官民で後方支援することになる。実際に自衛隊はどんな関与をし、どう関連法が発動されるのか。自衛隊の装備と動きを想定しながら、問題点を探った。
 機体上部に「円盤」を背負った2機の空中警戒管制機(AWACS、エイワックス)E767が今年3月、航空自衛隊浜松基地に配備された。航空機と艦船の情報を解析し、味方戦闘機を管制する「空中指揮所」だ。高高度を飛行すれば、朝鮮半島や中国大陸の沿岸部も視野に入り、収集した情報は随時米軍に提供される。他国の無線交信状況をもチェックでき、コンピューターのオペレーターら計20人が乗り組む。今年度中にはさらに2機が配備される予定だ。
 日本周辺で“異変”が起きた場合、こうした最新鋭装備での情報収集活動と並行する形で、日米間協議が始まる。関連法の発動の条件とされる「周辺事態」の認定には、日米双方で収集する情報が判断材料となる。もっとも重要なものが米軍の偵察衛星の情報。だが、航空機などの航跡情報については、偵察衛星よりE767の方が正確だとされる。
 しかし「正確な情報」を基にした「周辺事態」の認定の仕方そのものは、あいまいに映る。
 防衛庁によると「何らかの事態」を受けて日米の局長クラスによる防衛協力小委員会(SDC)などで情報を交換する。首相が議長を務める安全保障会議で「日本の平和と安全に重要な影響を与えているかどうか」を判断し、閣議で基本計画を決める。国会には報告義務があるだけだ。
 周辺事態の認定について、橋本龍太郎首相は「日本が主体的に判断する」と言う。しかし、制服幹部の一人は「事態に対処するのは米軍。その米国が『対処』が必要だと判断したら、それで決まり」とまで言い切る。
 国会には事後報告だけという規定について、与党の一角を占める社民党からも異論が出ている。政府だけですべてを決めることになってしまうからだ。
 また、具体的にどのような状態を、対処が必要な「周辺事態」と認定するかも不明確だ。軍事評論家の前田哲男・東京国際大学教授は「周辺とはどこをさすのか、事態とは何か、最も重要な部分が定義されていない」と批判する。
 「周辺」について政府は「地理的概念ではない」という統一見解を繰り返すが、柳井俊二外務次官が「極東と同じ概念」と口を滑らせるなど、あいまいさがあることは否定できない。=つづく
(この連載は衛藤親、人羅格が担当します)
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
432,030

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から