日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【自衛隊について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2002/12/30 朝日新聞朝刊
自衛隊の統制者は誰か 統合運用(社説)
 
 陸海空の3自衛隊を一つの指揮、命令系統の下に置き、効率的で迅速に動けるようにする。防衛庁の統合幕僚会議が自衛隊の縦割り運用の弊害をなくすことをめざした改革案をまとめた。
 3自衛隊の活動の調整役である現在の統合幕僚会議議長にかえて、文字通り3自衛隊制服組の最高指揮官となる統合幕僚長(仮称)を設け、防衛庁長官の命令を一元的に受けて実行する。
 霞が関の例にもれず、自衛隊も縦割り体質の弊害が長く指摘されてきた。
 今回、制服組がみずからそれを提言するようになった背景には、自衛隊の役割や活動が冷戦後大きく変化した事情がある。
 平和維持活動(PKO)や対テロ戦支援の海外派遣、災害救援、不審船への対処。これらに「使える自衛隊」になるためには統合運用が欠かせないというわけだ。
 例えば不審船事件の場合、船を追う海上自衛隊、上空から幅広く情報を集める航空自衛隊、警察などとともに情報収集をする陸上自衛隊がばらばらでは始まらない。
 憲法に沿って、自衛隊が役割を広げることを支持したい。効率的な運用は、自衛隊の規模を抑制的に考えてきた防衛政策の伝統からも好ましい。
 ただ、提言には不十分な点がいくつもある。指揮、命令にかかわる部分以外で縦割り体質が温存され、それが統合運用の足をしばる恐れがあることだ。
 各自衛隊がそれぞれおこなっている予算要求や人事、兵器や備品の調達も大胆に見直すことが必要である。
 組織の論理を離れ、3自衛隊全体を時代に合ったものに変え、合理化する新しい構想を練らなければならない。とくに人員の過半数を占める陸上自衛隊について再検討することが急務だろう。
 もっと大事なことがある。
 自衛隊の一元的な運用ができることで、最高指揮官である首相や防衛庁長官に対する統合幕僚長や制服組の発言力が必然的に高まるだろう。そこで、いよいよ重要になるのが確固とした文民統制である。
 ところが、現状はお寒い限りだ。
 文民統制には三つの段階がある。防衛庁内部の文官による自衛隊の管理、首相による防衛庁、自衛隊に対する指揮統制、自衛隊の行動に対する国会の監督と承認である。最も重いのが最後の国会の役割であることはいうまでもない。
 自衛隊のPKOについて、各政党は国際的な視野からの議論をしてきたか。海自のインド洋派遣にかかわる情報を政府は国会に開示したか。十分な軍事的知識も議論もないまま、政府の方針を追認してきたのがこの国の文民統制の現実である。
 自衛隊の装備や活動は政治が決める。それには、国会と国民が広く情報を共有することが不可欠だ。統合運用の時代にはなおさらである。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14位
(29,236成果物中)

成果物アクセス数
434,269

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年11月18日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から