日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【自衛隊について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2001/11/10 朝日新聞朝刊
そんなに旗を立てたいか 海自艦隊派遣(社説)
 
 米英軍によるアフガニスタン空爆から1カ月が過ぎた。テロリストとその支援者を追いつめる、という当初の軍事攻撃の狙いは、達成されつつあるのだろうか。
 戦況だけでなく、ラマダン(断食月)を間近に控えた今後の作戦行動の展開も、はっきりしない。
 先行きの不透明感が増す中、長崎県・佐世保基地から、海上自衛隊の護衛艦2隻と補給艦1隻がインド洋に向けて出航した。
 防衛庁設置法の「所掌事務の遂行に必要な調査及び研究」を根拠にした派遣で、海域の気象、航路の安全、船舶の運航状況などの情報収集が主な任務だという。
 同時多発テロから間もなく、神奈川県・横須賀を母港とする米空母キティホークを自衛隊の護衛艦が沖合まで護衛したときにも、この法律が使われた。
 しかし、防衛庁設置法にいう「調査・研究」は本来、自衛隊の本務である国防に関しての規定とみるのが自然だろう。
 戦闘地域と近接した海域へ初めて海自の艦船を派遣する。安全保障政策の根幹に重大な変更を加える事態である。使える法律は何でも使え、といわんばかりの安易な拡大解釈は容認できない。
 これがまかり通るのなら、「情報収集だ」といえば、どこにでも自衛艦を派遣できることになってしまう。
 テロ対策特別措置法の成立を受けて、政府は米軍などに協力する自衛隊の派遣先や任務などを定める「基本計画」を近く閣議決定する予定だ。
 基本計画の策定に向けた情報収集が目的というのなら、まだわからなくもない。ところが、3隻がインド洋の目的海域に到達するのは計画決定より後になるという。
 「情報収集」は名目にすぎないのだ。3隻は基本計画決定後に追加派遣される艦船と合流して、米軍艦船に燃料などを補給・輸送するための「先遣隊」としての役割を担う、と見るべきだろう。
 インド洋やペルシャ湾海域には、米英軍による武力行使を支援するため、フランス、カナダ、オーストラリアなどの駆逐艦やフリゲート艦が展開している。
 政府が基本計画決定を待たずに海自艦隊の派遣を急いだのも、「日本の存在感を示す機会を逸する」(外務省幹部)という焦りが先に立ったからではないか。
 対テロ特措法は、自衛隊の派遣命令から20日以内に活動内容について首相が国会で承認を求めるよう定めている。私たちは、文民統制の原則や、派遣前に十分な検討が必要だという見地から、事前承認を主張した。同法の制約を受けない艦船による情報収集などの活動が既成事実化すれば、事後承認の仕組みさえ空洞化しかねない。
 テロ撲滅に限らず、憲法の枠内で、自衛隊が国際社会のために持てる力を発揮する場面は今後もあるだろう。今回のようなやり方を繰り返してはならない。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14位
(28,901成果物中)

成果物アクセス数
432,318

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年6月10日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から