日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【自衛隊について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2001/10/18 朝日新聞朝刊
難民支援、活動内容は(Q&A テロ特措法案)
 
 Q 新法はまだ、成立していないけれど、自衛隊はすでに難民支援をしていたね。
 A 航空自衛隊のC130輸送機が、アフガニスタン難民向けにテントや毛布などをパキスタンに運んだ。国連平和維持活動(PKO)協力法に人道支援についての定めがあり、それに基づいた活動だ。
 Q それなら、なぜ、わざわざ新法に難民支援を盛り込んだのかな。
 A 支援が想定されているのは周辺国に逃れたアフガン難民だ。PKO法には「紛争当事者間の停戦合意」といった参加5原則があって、これを満たさないと自衛隊を出せない。パキスタンは紛争当事国ではないから派遣できたけど、将来、紛争状態に陥るかもしれない。たとえ紛争状態が収まったとしても、一方の当事者がイスラム過激派の武装組織の場合、停戦合意は考えにくく、PKO法を適用できない可能性が強い。
 Q PKO法の改正は考えなかったのかな。
 A 政府や与党は、法改正で5原則を緩和することも検討したが、あわてて法改正することには与党内に異論もあって断念した。新法に人道援助を入れれば米軍支援の色合いが薄まるという思惑も働いていたようだ。
 Q どんな活動が考えられているの?
 A 支援物資の輸送や配給、テント設営、診療所を設置しての医療活動などだ。NGO(非政府組織)も取り組んでいるけれど、中谷防衛庁長官は「治安が乱れた時、自衛隊がPKOで蓄積したノウハウを生かせる」と説明している。
 Q 自衛隊が行くことで、かえって緊張が高まることはないのかな?
 A 確かにそういう面はあるね。94年に自衛隊がルワンダ難民を支援するためザイール(現コンゴ)に行った際、現地のNGOから「難民キャンプに紛れ込んだ旧政府軍兵士を刺激しかねない」と不安の声があがった。
 今回の場合、パキスタンのアフガン難民キャンプは国境付近に集中し、タリバーンの支配から逃れてきた兵士も多いらしい。難民に武装ゲリラが紛れる可能性もある。自衛隊自体が自爆テロの標的になる最悪の事態だって起こりうるんだ。防衛庁には、ザイールより危険だという見方さえあるくらいだ。
 Q 政府は、そのあたりをどう考えているの?
 A 「非戦闘地域」での活動に限られるから支障はない、というのが建前だが、中谷長官自身が「軍隊が行くマイナスの部分として、よけい危なくなるという面もある」と認めている。新法ではPKO法よりも武器の使用要件が緩められたのは、こうした背景もある。
 小泉首相は「法律でできることと実際にやらねばならないことは別だ」と答弁している。難民支援の具体的な青写真はまだ描けないようだね。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)やパキスタン政府との協議、現地調査などを踏まえて案を練ることになりそうだ。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14位
(29,208成果物中)

成果物アクセス数
433,973

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月21日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から