日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【自衛隊について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2001/10/12 朝日新聞朝刊
どこで活動するのか?(Q&A テロ特措法案)
 
 Q 自衛隊の活動地域が外国の領土に広がるけど、どこになるのか決まっているのかな。
 A 小泉首相は「どこで戦闘が起きるかわからない。無限定だ」と言った。法案ではあらかじめ決めようがないということだろう。すでに戦場になっているアフガニスタンに自衛隊が入ることはありえない。政府は、自衛隊の活動地域として、隣国のパキスタンを想定している。
 だけど、もし、オサマ・ビンラディン氏がアフガン国外に逃亡したり、米国が同時多発テロの支援国がほかにもある、と認定したりすれば、戦闘は飛び火するかも知れない。ゲリラが国境を超えて組織的なテロを起こす可能性もある。テロには、あらかじめここだ、と言い切れる「戦場」はない。
 Q 活動地域に歯止めはあるの。
 A 法案には「戦闘行為が行われておらず、かつ、活動期間を通じて戦闘行為が行われないと認められる地域」と書かれている。周辺事態法の「後方地域」の概念を援用した表現だ。現地政府の同意も条件にしている。また、米軍が将来、かりにイラクを攻撃したとしても、「ビンラディン氏がイラク国内にいなければイラク攻撃作戦の支援は無理だろう」と言う外務省幹部はいる。
 Q 非戦闘地域かどうかは、だれが判断するのだろう。
 A 活動が想定される地域に調査団を送り、現地政府と話し合う。そのうえで、実施区域の範囲や内容を基本計画に書き込む。法案では、基本計画は閣議決定して国会に報告することになっている。民主党などは国会がチェック機能を果たすため、事前承認とするよう修正を求めている。
 Q パキスタン以外に考えられるのは。
 A たとえば、インド洋のディエゴガルシア島(英領)には米軍基地がある。ペルシャ湾やアラビア海に展開する空母部隊などへの支援拠点だ。難民支援では、アフガンに隣接するタジキスタンもあるかもしれない。パキスタンについては、大勢のアフガン難民が流れ込んでおり、法案の成立を待たずに、国連平和維持活動(PKO)協力法に基づいて、自衛隊のC130輸送機が救援物資を運び込んだ。
 Q パキスタンは危険だという見方もある。
 A 確かにそうだ。アフガン国境近くや難民キャンプでは、武装ゲリラが紛れ込んでいてもわからないだろう。反米デモも各地で起きている。外務省は「どこが危険でどこが安全か、今は断定できない。でも、実際の戦闘行為が起きる蓋(がい)然性があるかどうか、となれば現地調査で判断はつく」と言っている。国境付近で戦闘や組織的なテロが起きそうなら、例えば、イスラマバードに物資を輸送して国際機関に引き渡したり、国境から離れた地域で医療活動をしたりすることを想定しているようだ。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
431,167

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から