日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【自衛隊について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1994/05/08 朝日新聞朝刊
統合幕僚会議 陸海空自衛隊の調整役(みんなのQ&A)
 
 Q 自衛隊の統合幕僚会議(統幕)が四十周年を迎えたそうだが、何をする機関なの?
 A 一言で言えば、陸海空三自衛隊の調整役だ。ただ、武器の購入など予算要求はもっぱら陸海空の幕僚監部がやるし、統幕は各自衛隊の人事権も持たない。肝心の部隊指揮だって、防衛庁長官の指揮補佐を、三自衛隊のトップである各幕僚長が個別に行うことになっている。四十年前は旧軍の「大本営」のイメージが強烈で、「象徴的存在」にとどめられたらしい。
 Q どんな構成になっているの。
 A 幕僚長経験者から選ばれる議長と、三自衛隊の幕僚長の計四人だ。月二回、定例会議を開いている。事務局は「情報収集」、「後方支援」担当など五室に分かれ、自衛官約二百人が働く。
 Q 機能の強化を求める声もあるようだね。
 A 三月に開かれた細川護煕前首相の私的諮問機関「防衛問題懇談会」で、そういう意見が出た。統合参謀本部が大きな権限を持つ米軍を例にひき、統幕議長の権限を広げてはどうか、との提案だった。統幕内では、大震災の救援などで指揮権限を与えてほしいとの声が強い。
 Q なぜ、今、そういう要求が出てきているのだろう。
 A 国連平和維持活動(PKO)で、実際に三自衛隊の調整が必要な場面が出てきたのが大きい。カンボジアでは、陸上自衛隊が中心になり、輸送を海空両自衛隊が支援した。「陸」は現地で井戸を掘ったが、水量が足りず、港に停泊する「海」の補給艦から提供を受けた。しかし、補給艦の帰国予定の正月がせまり、統幕会議で両幕僚長が、補給艦の帰国延期を話し合ったという。
 また、一九八六年以降、米軍との共同・統合演習が始まったのも大きい。在日米軍は陸海空軍を一体化した統合軍だ。共同演習では、陸海空のうちどの戦力を投入するかなど、指揮の統合機能が重視される。米軍との作戦面での一体化が追求される中で、統幕が米軍側と調整をする場面が増えてきた。
 Q 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の核開発問題にからむ安全保障政策で、議論があるね。統幕への影響は?
 A 一般論として、話題になっている海上阻止行動などでは、「海」と「空」の連携が出てくる。しかし、統幕の機能を変えるとなると、法改正が必要で、防衛庁内でも公式には検討されていない。ただ、自衛隊の任務を拡大したいとの志向が新生党などに強いから、将来、論議を呼ぶ可能性はあるだろう。
 現在、情報収集・分析の機能を一元化する動きが先行している。米国の国防情報局(DIA)をモデルに、内局、統幕、各幕僚監部に分散している情報部門を統合しようとの構想で、本部は統幕に置かれるともいわれる。統幕の機能が強化されれば、制服組の発言力も増すだろう。制服組にも「シビリアンコントロール(文民統制)をどう機能させるかが、今後の課題」という声がある。一番、根本の問題だろうね。
(社会部 岡野直)
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14位
(29,208成果物中)

成果物アクセス数
433,973

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月21日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から