日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【自衛隊について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1992/12/26 朝日新聞朝刊
防衛軸ゆがめる管制機の導入(社説)
 
 来年度の防衛予算案が固まった。前年度比ではめずらしく低い伸び率である。中期防衛力整備計画(91―95年度)の総額圧縮も決まっている。
 いずれも冷戦後の世界情勢や財政事情を考えると、当然のことである。むしろ双方とも、もう少し切り込むべきではなかったか、残念に思う。
 気になるのは金額の面だけではない。
 今回は、中期的な防衛支出総額をどう修正し、単年度予算案になにを盛るか、を決める大事な節目のときだった。だから、防衛費を減らすにせよ増やすにせよ、まず、冷戦後にどう対応するかという防衛理念があり、それが論議の出発点になるべきだと私たちは主張してきた。
 しかし、中期防修正にも予算案にも、そうした根本のところでの苦悩のあとは見られない。減額した、伸びを抑えた、といったことだけが強調され、新時代の日本防衛に必要な視角、装備、配備については、ほとんど語られないままである。
 自衛隊が存在する以上、一定の装備は避けられない。ただ、その内容は憲法や自衛隊法などで規制されるほか、ときの国際情勢によっても規定される。従って、ソ連脅威論からの脱却を政府みずから鮮明にした今日、自衛隊の装備や配備がそれに応じた発想で進められて当然だろう。
 それが欠けている。いい例が空中警戒管制機(AWACS)の導入だ。
 専守防衛の日本に、空からの奇襲に備える早期警戒機が無用だという気はない。問題は性能であり目的である。
 早期警戒機の配備を図る政府は79年、E2CかAWACSか比較検討のすえ、E2C取得を決めた。
 主な理由は「(AWACSは)本来、戦術統合作戦の指揮統制用のものであり、作戦司令部、戦闘指揮所等の代替機能を含むものであるため、低空侵入への対処という限定された運用要求をはるかに上回る」というものだった。
 ところが、E2Cを十余機持つ段階になって、新たに米国からAWACSを取得するという。これはどういうことか。考えられるのは次のような事態であろう。
 日本への脅威が高まり、E2Cでは対応が十分でなくなった。どうしてもAWACSの特性である「空中からの指揮統制」が要る、という場合である。
 今がそんなときかどうか、問うまでもない。領空侵犯機が大幅に減り、低空侵入の危険すら疑問視されているのだ。1機570億円の指揮管制機を買う必要があるとは、とても思えない。
 一方、中期防の修正によって、要撃戦闘機F15など作戦用航空機15機が削減された。これは、冷戦後のいま、それでも国防に不安はないということであろう。それなら、なおのこと「空中からの指揮統制」といった事態にはなるまい、と思うのが常識ではないのか。
 中期防の修正を見るかぎり、冷戦後の日本にはどういう装備が必要で、どういう装備が不要か明確でない。だれが考えても、AWACSの導入順位は低いはずだが、実際は逆の決着になった。
 これは、装備の取得についての物差しに狂いがあるからだろう。日本の防衛になにが必要かではなく、米国の政府・軍需産業にどう配慮するか、という尺度が優先した結果ではあるまいか。
 対米配慮はもちろん大事である。だが、それが行き過ぎて、日本の防衛軸がゆがめられるようなことがあってはならない。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14位
(28,943成果物中)

成果物アクセス数
432,854

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年7月8日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から