日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【教育問題について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2001/04/04 朝日新聞朝刊
新学習指導要領 左巻建男氏・寺脇研氏に聞く(!学力とは:下)
 
 子供たちの学力低下を指摘する教育関係者は「新学習指導要領はこの傾向に拍車をかける」と批判する。これに対し、文部科学省は「全体の学力を引き上げつつ、できる子にも初めて配慮した改訂だ」と説明する。
 
○必要な内容もれる 左巻健男・京都工芸繊維大学教授
――新学習指導要領が議論を呼んでいます。
 「長年理科を教えてきた経験からいうと、減らすこと自体は構わない。問題はどう減らすか。最低限必要な内容を配列したとは到底いえません」 「現行の指導要領は難しそうな部分を中学から高校に移して『精選』したといっている。それをベースになお難しそうな、学力テストで点が悪かった所を虫食い的に削っただけ。それを『厳選』といっている。たとえば今回、中学校の理科からは生物の進化やイオンといった重要な項目が姿を消しました」
 
――最低限必要な内容とは。
 「自然や物質を探る土台が身につく、それを学ぶことによって広い視野が得られる内容です」
 「小中学校や高校の教師は、どうしても教えなければならない基礎的概念や法則、事実は何か、どういうやり方ならうまく教えられ、学べるのか、研究してきました。新しい指導要領は、そこがきちんと考えられていない。10年、20年先の日本を考えたとは思えない戦後最悪の指導要領です。現場の実践的成果を生かせば全く違った指導要領になったはずです」
 
――抜本的見直しが必要だと。
 「今の指導要領では、ひからびた形でしか自然をとらえられません。つまらない内容を何度繰り返しても、力にならないし、授業も楽しくなるわけがない。一部の人が密室で決めるのではなく、現場の教師の提案を十分採用しながら、開かれたシステムの中で再構成することです」
 
――教育は危機にあるといわれますが。
 「文部科学省が危機を作り出しています。細切れの知識では、学力にならないし、生きる力にもつながりません。学力とは、自然を豊かに科学的にとらえられる力です」
 「ゆとり教育も本来、ある概念や法則をいろいろなアプローチで教えるためのものであるはずです。生活、あるいは産業の中での応用も含めて発展させて学んでこそ、本当に身につきます」
 「日本は今後、地球環境などの分野で科学技術を磨き、指導性を発揮しなければなりません。それには多くの人が科学的な知識や関心を持って、すそ野を広げる必要がある。このままでは、日本は世界のリーダーになれずに沈没してしまいます。議論がかつてない高まりを見せており、根本的な改善の方向に進むきっかけになると期待しています。私たちも提案を続けていくつもりです」
 (聞き手 科学部・山本智之)
◇左巻建男(さまき たけお)
1949年生まれ。
東京学芸大学大学院修了。
東京大学教育学部付属中等教育学校教諭を経て、京都工芸繊維大学教授。現在、同志社女子大学教授。
 
 
○新要領、最低線示す 寺脇研・文部科学省審議官
――新学習指導要領への根強い反対意見があります。子供らは低学力にさせられるのだ、と。
 「誤解です。確かに小学校の算数の教科書に反比例は出てきません。4けたの足し算もない。しかし、余力のある子には5けたの足し算でも10けたの足し算でも教えてやってください」
 
――これまでの指導要領とは、かなり意味合いが違いますか。
 「運用を変えます。これまでは指導要領を超えて教えることはできなかった。今度の新指導要領では余力のある子はどんどん先に行く。教科書は身につけるべき最低ラインです」
 「子供の数が減り、相対的に先生の数は増えた。その先生を5年かけ2万7千人増員します。集団指導からようやく個別指導に向かえる。とはいえ、小学生の3割、中学生で5割、高校生は7割が授業についてこられない現状は、絶対に改めないといけない」
 
――先に行く、というのは授業中に?
 「授業中にでもいいし、宿題でもいい。だからといって、3けたの足し算ができない子を放置するのは、絶対だめ」
 
――子供たち全員に100点をとらせると?
 「目標はそうです。ゆっくり一段ずつ上っていけば可能です。点数が悪かったら、お父さんお母さんは、何が問題か、先生に談判ください。新指導要領の学習効果を見るため、03年から全国共通の学力テストをします。全員が軽々と100点を取るようなら、カリキュラムを厳しめに改める必要があるし、もし点数の著しく低い学校があるなら、どこに問題があるのかを調べます」
 
――大学入試で米国やカナダで医学部志願者必修の「生物」が、日本では一校も履修を義務づけていないのはおかしいとの声があります。
 「私も同感。ただ、大学自治ですから、義務づけることはできない。京大で理学部に入学後、理系教科に興味を失う学生が3割以上いるという調査結果も出ました。入試や教育のあり方を工夫すべきです」
 「理科や数学は大切です。でも、一定の知識を修得した後、理系以外の分野で活躍を夢見る生徒には、その夢をこそ実現してもらいたい。先生方もぜひ支援してやってほしい」
 (聞き手 企画報道室・永栄潔)
◇寺脇研(てらわき けん)
1952年生まれ。
東京大学法学部卒業。
文部省入省。生涯学習振興課長、大臣官房政策課長、文部科学省大臣官房審議官を経て、現在、文化庁文化部長。


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(28,631成果物中)

成果物アクセス数
493,305

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月18日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から