日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【教育問題について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2003/10/09 朝日新聞朝刊
学校の力の見せどころだ 中教審答申(社説)
 
 昨年4月から実施している学習指導要領が、文部科学相の諮問機関「中央教育審議会」の答申を受けて、1年余りで改められることになった。
 「食物連鎖などは取り扱わないものとする」(小6理科)。指導要領には教える内容の上限を定めたこんな記述(歯止め規定)がたくさんある。これでは進んだ学習がしにくいから、改めるというのだ。
 不必要な歯止め規定をなくすのは当然のことだろう。だが批判にふらつき、あわてて対応したそのやり方は、はなはだみっともない。
 学校の完全週5日制の実施に伴って教育内容を大幅に削減し、「ゆとり教育」を打ち出したのがいまの指導要領だ。
 しかし、それが学力低下を招くとの批判が相次ぐと、文部科学省は学力重視の方針に転換した。指導要領も「最低基準」とその位置づけを変えた。現場が「学力重視」に傾くのは当然の成り行きだった。
 そうなると、指導要領が「ゆとり教育」のままでは整合性がとれなくなる。そこで歯止め規定を外して、取りつくろうというわけだ。
 中教審を使えばもっともらしくなるとでも思ったのだろうか。あやつり人形を演じた審議会も審議会だ。
 答申はほかに、学校行事を十分に確保することを求めている。体験活動を重視する「総合学習」も、効果が十分に上がっていないケースがあるとして、目標を定めた全体計画をつくるよう各学校に求めた。
 これらは、学校や教員の創意工夫で決めていくはずではなかったのか。自由にやっていいと言っておきながら、手のひらを返すように細かく口を出すのはおかしい。
 文科省の方針がぐらぐらすれば、教育現場は当惑する。しかし、歯止め規定の見直しは、現場からすれば学校や教師の裁量が増えるということだ。
 国の方針に振り回される受け身の対応ではなく、主体的に打って出てはどうか。学校自身が責任をもち、自分たちの教育課程を組み立てていくのである。
 全国の自治体のなかには、学習指導要領を柔軟にとらえて独自の教育課程をつくったり、土曜日の補習授業を開いたりしているところが出てきた。
 保護者の意見などを十分に取り入れれば、「ゆとり教育」とか「学力重視」といったスローガンに左右されず、しっかりした教育ができるはずである。
 文科省の指示待ちや、顔色うかがいではなさけない。自分たちで目いっぱいの教育をつくりあげる、という意気込みで臨んでほしい。学習指導要領の最低基準から先は、それぞれの地域と学校の腕のみせどころである。
 いきさつはともかく、歯止め規定を外すのだから、文科省は現場の力をもっと信頼して、見守るべきだ。


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(28,901成果物中)

成果物アクセス数
494,473

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年6月10日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から