日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【教育問題について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2002/07/30 朝日新聞朝刊
起業学生「学ぶ意味」追求(ニッポンの学力 転機の教育:10)
 
 先生「メダカのオスとメスの外見上の違いは?」
 生徒「ひれの形が違います」
 7月中旬、横浜市の私立聖光学院中・高校の生物実験室。この日から、希望者20人を対象に6日間、環境ホルモンの影響でメダカのオスがメス化していく様子を確かめる実験を始めた。
 「先生」の星野友さん(23)はバイオテクノロジーを専攻している東京工業大大学院の修士2年だ。リバネスという有限会社の社員でもある。
 リバネスは、アルバイトも含めて社員は大学院生ばかり約15人。この6月にできた。「大学での研究を分かりやすく伝え、科学に対する興味を高める」「中高生に大学で学ぶ意味を伝える」ことなどが業務だ。
 新学習指導要領で総合的な学習の時間が本格導入された。その手助けが、ビジネスチャンスになると考えた。
 そう考えたのは、社員の中高時代の経験からだ。星野さんは「自分が通っていた時代の聖光は受験指導が中心。大学での勉強にもっと興味をもってもらいたい」
 社長の丸幸弘さん(24)は東大大学院農学生命科学研究科の修士2年。理科系大学院生約50人が設立した「学生ビジネス研究会」というボランティア団体で活動したことが、起業のきっかけになったという。
 「理科系学生が学んでいる内容は社会に出て有効か。何のための勉強なのか」。こうした問題意識が芽生えたからだ。
 バイト社員の東大大学院修士1年の猿橋天さん(23)の専攻は身体運動科学系。
 「就職がいいから」の理由で東京理科大の工業化学に進んだ。でも4年やってまったく興味がわかなかった。「高校で、勉強の中身や意義を教えてくれなかった」
 思いは中学までさかのぼる。「区立の学校より塾の英語の授業の方がよかった。実践的で英語を学ぶおもしろさも教えてくれた」。だからリバネスの理念に共感した。
 聖光学院はリバネスの初仕事。事業を拡大させるうえでの目標は、数が多い公立の中高からの受注だ。「学力差が大きい公立では、別メニューが必要」と猿橋さんは話す。
     *
 <意見募ります> 学力問題や教育、この連載についてのご意見をお寄せ下さい。
 〒104・8011
 朝日新聞「転機の教育」取材班。
 ファクスは03・3542・4855、
 メールはsyakai4@ed.asahi.comです。


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(29,208成果物中)

成果物アクセス数
496,024

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月21日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から