日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【教育問題について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2002/07/23 朝日新聞朝刊
進学実績へ公立加速(ニッポンの学力 転機の教育:3)
 
 京都市立堀川高は今春、去年6人だった国公立大合格者が106人になった。うち6人は京大だ。「奇跡」と京都の学校関係者は言う。
 合格者の大半は3年前に開設した新設学科の1期生。普通科とは入試も授業数も変え、進学に重点を置いた。当時、中学校向けにつくった資料に決意がにじむ。〈全員が大学入試センター試験を受験〉〈京都大学をはじめ……進学を促進する〉
 「奇跡」に、中学生の親や塾からの問い合わせが急に増えた。「数字の影響力は強い」。荒瀬克己教頭(48)は実感した。
 
    □  □  □
 
 7年前、一教員だった荒瀬さんらが私立進学校人気に危機感を持ち、市教育委員会に改革を提案した。それが発端だった。「自分の子を入れたくなる学校にしたい」という気持ちが支えだった。
 荒瀬さんが先生になった70年代、公立校が進学実績を競うことはタブー視された。特に京都府は徹底していた。故蜷川虎三知事は「15の春は泣かせない」と言い、高校受験での競争を避ける政策をとり続けた。
 荒瀬さんも加わっていた市立高校教職員組合は、競争には反対の立場だ。しかし、堀川高に異を唱えてはいない。「現場教師からの動きだからだ」という。組合幹部はぼそりと言った。「隔世の感。その一言です」
 「18の春(大学受験時)は泣いている」。府議として、蜷川知事とやり合った元自民党幹事長の野中広務氏は「18の春も、ずいぶん楽になったはずだ」と話す。
 今回の学力論争のなか、文部科学省は「学習指導要領は最低基準」との見解を示した。「できる子」には難しい内容も教えてよいということだ。
 「平等」からの方針転換と現場は受け止めた。競争を意識した動きは加速している。
 〈東京大学(文3)現役合格〉。福島県立原町高のホームページには大見出しが躍る。県の学力向上策の指定校になり、国公立大合格者は10年前の1・5倍になった。「10年に1人程度」だった東大合格は2年連続だ。
 
    □  □  □
 
 競争の象徴とされる偏差値。公立校で公言することははばかられた。
 新潟市立白新中はそのタブーを破った。2年前から年1回、学校便りに業者の基礎学力テストの偏差値を学年、教科別に一覧表で掲載する。親に知らせれば、「次の年は下げるわけにはいかない」という競争意識が先生たちに働く。
 「平等と言いながら、進学実績は昔から求められた。競うことは少しも悪くない」と松田正実校長(60)は話す。
 中学生の子どもがいるとしたら、どんな高校へ行かせたいか――。
 朝日新聞の世論調査での問いに〈大学受験に熱心な高校〉と答えた人は6%しかいない。受験を意識して走るのは、学校の思いこみなのか。6%の奥に、数字には表れない本音が潜むのか。
 
    □  □  □
 
 東京の中高一貫私立・豊島岡女子学園の二木友吉校長(85)は半世紀、陣頭指揮をとり、同校を進学校に育て上げた人だ。学校現場をつぶさに知る。60年代なかばまで、親が求めたのは「いい就職」。それ以降は「いい大学」に変わっていった。
 「親の求めにこたえてきただけです。それは、昔もいまも変わらない」。二木さんの実感だ。
 経済構造の変化を受け、世界中で教育に目が向く。「学力低下」論が台頭し、浮上したのは「学力=進学実績」という考え方だ。それ以外の明確な尺度に乏しい日本で、明治以来の学歴社会を支えている本音である。
 (次回から社会面に掲載します)
 (2・11面に教育に関する本社世論調査)


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(29,236成果物中)

成果物アクセス数
496,408

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年11月18日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から