日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【教育問題について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2002/02/03 朝日新聞朝刊
かすむ「ゆとり」 私立が授業増(攻防02年 学力はいま:上)
 
 「4月から7時間授業にします」
 「英語は公立の倍になります」
 東京で私立中学校の入学試験が迫った1月末、順心女子学園の久保田武校長(70)は、渋谷に近い学習塾で力説していた。
 「休みの土曜日にも補習をします」
 「できない子には、生徒3人に先生1人の授業もあります」
 事前の予約はしていない。この日は五つの塾に次々と飛び込み、中学校での改革について熱弁を振るった。
 私立の訪問には慣れている塾側はそろって驚いた。「こんな時期に、しかも校長自らとは初めてです」
 中高一貫の順心の志願者は8年連続で定員割れ。中学は本来3学級だが、ここ3年の入学者は30人足らずで1学級しかできない。偏差値は振るわない。
 学力超重視の方針で、立て直しを目指す。塾や区立中学校への行脚は校長になった昨春から、のべ300カ所を超えた。
 もともとは都立高の校長。都立の「最底辺」校を立て直したことで知られる。奮闘ぶりはテレビドラマにもなった。そこを理事長に請われた。
 東大合格3けたの進学校でも教えた経験がある。「ここの生徒はまじめ。じっくり丁寧に見れば、伸びる」とみた。
 「春から毎日7時間」は朝礼で通告した。生徒たちは「ぞっとした」。だが、学力重視に世間の目は違った。今年の志願者は昨年より、高校の推薦入試で7割以上、中学入試でも5割増えた。
 佐賀県基山町、開校14年目の中高一貫校、私立東明館の執行(しぎょう)昭男校長(63)も、3年前まで福岡県立の進学校の校長。「古典文法の神様」とも呼ばれる。そこを買われた。
 やはり学力超重視だ。中2、中3では、4月から内容が3割減る教科書ではなく、古い教科書を使い続ける。「公立の進学校はいくらもある。進学実績が下がれば、たちまち受験生は減る」
 
 ■
 
 4月から始まる新学習指導要領の「ゆとり教育」。素直に従わない私立は多い。
 札幌市の私立中高一貫校、北嶺の小林敬校長(59)は、追い風を感じる。「大学入試で学力試験が続く以上、学力を早くつけてやることが本当のゆとりだ」
 開校16年目。母体の学校法人は札幌市で別の高校を経営する。そこを衣替えすることも考えたが、情報会社リクルートに市場調査を頼んで新設した。塾回りを徹底して繰り返し、生徒を呼び込み、進学校として知られる存在になった。
 大阪市の大阪学芸も6年前、「成器」高校から校名を変え、中学を併設して実績づくりを目指す。宿題まで習熟度別という徹底ぶりだ。
 ゆとり教育の最大の柱は、生きる力を養う「総合的な学習の時間」だ。教科書がなく、各校が悩むなか、「そんな時間は取り込まない」と東京の中高一貫校、八雲学園は宣言した。
 東京都私学部の要請を振り切っての決断。近藤彰郎校長(55)は「週に数時間やるだけで、生きる力がつくわけがない」と明快だ。
 
 ■
 
 学力重視に、親の意識も重なる。
 神奈川県の公立小3年の双子の息子をもつ主婦(42)は、持ち家を貸して、私立中がたくさんある横浜に引っ越すかどうか迷っている。
 「宿題は」と聞くと、「漢字2行」とか「ないよ」。何を勉強しているのかも分からない。
 自分の公立中時代、いろんな境遇の友だちがいて楽しかった。息子たちも大学まで国公立でと思っていたが、基礎学力すらつかない気がする。
 2月から週に1度、塾へ通わせる。授業を少し先取りして教えてくれ、「受験にも公立進学にも対応できる」とうたう中堅どころだ。
 都内に住む公立小の事務職員(45)。勤務先では、子どもを私立中へ進学させる先生が少なくないという。「時間も内容も減るんじゃ、私立と差がつく一方です」
 文部科学省によると、4月から土曜を毎週休む私立は7割。東京や大阪では半数に過ぎない。突っ走る私学の前で、ゆとりがかすむ。
 ◇
 小中学校で教える内容が大幅に減る02年春。「学力」をにらんだ学校の攻防を追う。
 学力について、ご意見、体験談をお寄せ下さい。
 〒104・8011
 朝日新聞東京社会部教育班、
 FAX03・3542・4855 
 電子メールは、syakai4@ed.asahi.com
   *


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(28,694成果物中)

成果物アクセス数
493,952

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年4月22日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から