日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【教育問題について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1993/01/11 朝日新聞朝刊
性教育や人権・・・ 模索浮き彫り 教研集会でエイズ教育初報告へ
 
 学校でエイズをどう教えるのか――。秋田市を中心に十日始まった日教組の教育研究全国集会に初めて中学校、高校でのエイズ教育の実践報告が寄せられ、十一日からの分科会で発表される。コンドームを教室に持ち込んで予防方法を教える中学校がある一方、「どう教えればよいか迷ってしまう」という高校教諭のリポートも。報告からは、模索が続く現場の様子が浮かび上がった。
 エイズ関係の報告は保健体育や女子教育の分科会を中心に集まった。東京の安方中学校の山中智子教諭は、理科の授業での実践をまとめた。六年前から血液の単元などでエイズを説明してきたが、一昨年、八時間かけて男女の体のしくみなど、性教育の基礎からエイズまで触れた。
 「性教育はまったくされていない」という前提で授業を組み立てた。最初の五時間で、性器の正しい呼び方、構造、性交、出産、避妊、コンドームの使い方、中絶などを教え、次の一時間で「愛すること」「自分らしく生きること」を考えさせた。そのうえでエイズの予防法や、「あなたの家族がエイズに感染していたらどうしますか」などの問いかけをして、人権問題につなげた。
 広島井口高の村上恭子教諭は一九八七年から実践を始めた。「どんな病気なのか」という授業に始まり、模索しながら自分で患者に面会して認識を深め、授業に工夫を加えてきた経過を報告。生徒の関心が感染源や予防法から、感染者とのかかわりに、移っていく様子がうかがえるという。
 こうした取り組みの一方、「エイズ教育を始めたばかり」という報告も少なくない。
 大半が男子生徒の鹿児島の県立高校では、性教育の土台がほとんどない状態で、二時間で性教育映画を見せ、養護教諭が補足説明を加えた。エイズには触れたが、ごくわずかだった。
 この養護教諭は「三年間で最低六時間は必要」とし、「性教育は養護教諭まかせという状態では、限界がある」と報告している。


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
493,444

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から