日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【教育問題について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1987/08/01 朝日新聞朝刊
国ぶり(臨教審の1000日・最終答申を前に:6)
 
 有田一寿氏(71) 若築建設名誉会長
 徳育の充実が必要 事業以上に改革に没頭
 「これまでは、平等主義が過ぎた。できる子には人権問題です。落ちこぼればかりで、日本は国際社会に貢献できますか」。いま、気兼ねなくしゃべることばは一段と滑らかだ。
 建設会社からレコード、映画事業、さらに高校・大学の経営まで、幅広く手がける。が、この3年間は、エネルギーの大半を臨教審に注いできた。
 東京・赤坂にある学者の書斎のような個人オフィスが思索の場。ここから、臨教審の各種会議が開かれる総理府ビルに通う。
 
○文相に切り返す
 90回に及ぶ総会には、1回をのぞき皆勤した。「これにかけたんですわ」と、思い入れは深い。去年夏、就任早々の藤尾文相が「屁(へ)みたい」と毒舌ついでに臨教審をこきおろしたとき、委員の中でただ1人、「非常識だ」と公の席で切り返した。
 初等中等教育担当の第3部会長をつとめ、「教育の自由化」を掲げる香山健一氏らの第1部会(教育理念担当)と渡りあった。立場は、一貫して文部省寄り。審議の節々で計20回ほど自説をつづり、「有田提案」の名で周りに配った。
 教師、日教組批判をしばしば口にした。辛らつさが増すにつれ、名指しの投書が増えた。「2万通はあるかな。郵便局がひもでしばって持ってきてね、ハハハ」
 7月29日発行の臨教審広報誌に、「『徳を輸出する国』――をめざして」という文章を寄せている。「日本は、国ぶりを良くしなくちゃならんのです。徳育を通じ、愛され信頼される国民を作りあげるしかない」。任期を終えるに当たって、特に言い残したいことだという。
 
○文部省がレール
 文部省は、第3部会と呼吸を合わせ、子どもたちに道徳の副読本を使わせるなど「徳育充実」につながるレールを敷き始めた。同部会の提案に沿い、新しいタイプの学校「単位制高校」も形を表しつつある。「今はっきり言うと、ヒステリックな反対が起きるが、いずれ、この高校に入り、2年間で単位を全部取ってポーンと大学に進むような子も出てくるでしょう」。同じように、一芸に秀でた小学生の新しい進学先として、6年制中等学校も根をおろす、とみる。
 「エリート教育? そういう批判もあるが、向上心のない社会からは活気がなくなりますよ」
 夫人を今年正月、亡くした。総会をたった1回休んだのはこの時だ。臨教審での出来事をいつも静かに聞いてくれただけに、「がっぱり来て」、しばらく元気が出なかった。
 
 <単位制高校> 第1次答申の中に、「中等教育に多様な学習の機会を設ける」という観点から盛られた。サラリーマンや主婦、他の高校の中退者らが、必要な学科のみ受講できる。日曜、夜間にも開校され、他校で取った単位も含めて累積加算して卒業認定する。現在、東京都などが創設に向けて検討を進めている。
 
●私はこう思う フツーの子の活性化考えて
 「教育工房」を主宰する評論家、村田栄一氏(51) 教育を画一化し、硬直させている行政の規制を緩和し、活性化させるのが臨教審のねらいだったはずだ。6年制中学や単位制高校は、そのために提案されたというのだが、それは「デキル子」を活性化するだけで、学校に苦しめられている大多数の「フツーの子」や、「デキナイ子」には、何の救いにもならない。いま子どもたちは、学校生活全体を通して、我慢と従順という徳育を施されている。それに加えて、感謝という徳目を強調するのが臨教審の要求だ。支配者にとっては好都合かもしれないが、子どもの疎外は深まる一方だ。「フツーの子」の活性化ということを臨教審は少しでも考えてみたのだろうか。


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(28,694成果物中)

成果物アクセス数
493,952

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年4月22日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から