日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【教育問題について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1987/01/24 朝日新聞朝刊
未来に向けての教育改革案を(社説)
 
 臨時教育審議会が、第3次答申に向けての審議経過の概要を発表した。
 過去2回の答申の際にも、同じ手続きがとられた。しかし、今回の内容は大きく様変わりしている印象である。4つの部会が、それぞれの担当分野について記述していたのが、今度は複数の部会が共通して論じている問題が、いくつかある。そして、お互いの意見の違いが、かなりはっきり出ている。
 教科書問題が、その代表的な例である。教育行財政を見直す立場からとりあげた第1部会は、現在の検定制度は教育の画一化と教育界の不信・対立のもとになっているとして、もっと柔軟な教科書認定制度に改める案を検討している。これに対し、初中教育を担当する第3部会では、原則として現行制度を守る考え方で議論を進めている。
 大学の設置形態の問題も、高等教育を扱っている第4部会と、第1部会の両方が論議している。大学が国立・公立・私立に分かれている意味と功罪を根本的にとらえ直そうという第1部会に対し、第4部会は現行制度を変える必要はなく、相互の関係をいかに弾力化するかが課題だとする立場をとっている。
 これまでの学校教育制度を相当思い切って改革すべきだ、とする自由化の議論。現行制度を基盤にしながら、手直しを考えればよいとする議論。当初からあった2つの考え方の対立が、最終段階に近づくにつれ、おおっぴらに表面化してきたといえそうである。
 だが、このような2派に分かれての水かけ論を、任期切れまで続けていいだろうか。21世紀に向かっての教育改革案づくりという、本来の役割を思い出すべきである。その意味で、部会とは別に設けられた委員会の論議の中に、新鮮な考え方がいくつも示唆されているように感じられる。
 「情報化」の角度から教育を見直している委員会は、学校のインテリジェント化という構想を提出している。さまざまな情報機器が普及し、社会環境の情報化は急速に進んでいる。子どもはすでに、その中に組み込まれているのに、学校だけが取り残されている。最新の機器をそろえ、子どもたちが「学校はすごいところだ」と魅力を感じるものにすべきだ、というのである。
 もっぱら活字文化に依存して運営されてきた学校に、限界を見る視点がそこにある。教科書をめぐる議論も、この角度に立てば、まるで変わったものになるのではないか。
 生涯学習社会に移行する観点から、大学や研究所、公民館、図書館のほか、民間の情報関連施設まで1つにまとめるインテリジェント・ビル構想も出されている。これも、伝統的な大学のイメージ転換につながる。
 「スポーツ」の委員会は、学校体育を見直し、社会体育との連携を図ることを示唆している。学校の運動施設も、地域社会の共同施設として整備・管理しよう、という。また「国際化」の委員会の論議では、外国人、帰国子女、日本人子女が3分の1ずついる新国際学校の開設や、高校生が外国に留学した場合の単位をそのまま日本でも認める仕組みが検討されている。
 いまの子どもたちが生きる社会を前提にした委員会の審議は、すべて従来の学校制度の枠組みを超える改革の方向を示さざるをえなくなっている、といえよう。
 ほかにも3次答申では、教育費と教育財政、通学区、秋季入学など、大事な問題が扱われる。こんどの審議経過を見ると、これらも、まだ議論が分かれたままのようである。あくまで過去にとらわれない、前向きの意欲を感じさせる


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
493,444

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から