日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【教育問題について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1985/07/28 朝日新聞朝刊
次に来るもの 無気力化招く管理(「いじめ」が問うもの:5)
 
 7月11日、首相官邸で開かれた政府・与党教育改革推進連絡会議の初会合で、党側は「来年の第2次答申では、非行や教育荒廃に立ち向かえるような改革案が出されるのを期待している」と述べた。いじめ、登校拒否など教育病理現象に対する臨教審の取り組みの甘さに失望しての発言だった。
 
○校内暴力減ったが
 中原美恵・千葉県教育センター所員と深谷和子・東京学芸大助教授が東京近郊の小学4―6年生2000人を調べたところ、3人に1人がいじめられた体験を持ち、38%の子が「先生は何もしてくれなかった」と答えた。「自分で解決しなさい」といわれた子も8.4%いた。
 いじめの問題の解決のためのアピールを出した文部省の「児童生徒の問題行動に関する検討会議」のメンバー、坂本昇一・千葉大教授は、学校を訪ね歩きながら時折首をかしげることがあるという。
 校内暴力は確かに減った。しかしそれは教師たちによる生徒指導の内容が充実して、そうなった訳では必ずしもない。学校と父母が「力と管理」で子供たちを抑え込んだ例があまりにも多い。それは大火を消すための、消防車の出動だった。だが、火の消えたいまも、学校には消防車が居すわったままである。
 何百もある、がんじがらめの生徒規則など「管理と監視」の中で、あるいはいじめもまた抑え込むことができるかもしれない。だが、そのあと子供たちはどうなるのか。
 「無気力しかないでしょう。シンナーなどの薬物に走るか、性などの享楽的傾向に行くか。それが表面化してくるのは5年後ぐらいですかねぇ」。坂本教授の見通しは暗い。
 稲村博・筑波大助教授(精神衛生学)も「学校でも家でも活気がなく、非行もいじめもしない、何もしない子供たちが小学校段階からあふれるのじゃないですか。それに、うつ病、神経症、緘黙症、心の病がもとで耳が聞こえない、声が出ない、体を動かせない子が増える」。
 5年後、といわず教育の現場を歩くと、すでにその兆候が見られる。
 
○規則さえ守ったら
 東京のある区立中で最近、授業参観があった。2年生の社会科の授業の途中でベルが鳴った。先生は授業を続けたが、生徒たちは一斉にノートを閉じ、中には廊下に出た子もいた。先生は何の注意もしなかった。後で親からその理由を聞かれた先生は、校則違反ではないから、といった意味の返事をした。生徒手帳には「始業のベルが鳴ったら着席して静かに待つ」と書いてあるが、終わりのことには触れてなかった。先生も生徒も規則に従ったまでのこと……。
 千葉県内のある中学校で、近くに火事があった。校庭のすぐ向こうの住宅から真っ赤な炎や黒煙が上がり、サイレンが鳴っているというのに、1年のクラスの3、4人は、机に向かったまま、何の関心も示さなかった。授業中、モンシロチョウが舞い込んできたときも、その子らは見向きもしなかった……。
 子供調査にくわしい深谷昌志放送大学教授(教育社会学)は、子供が群れをつくって外で遊ばなくなったことが、いじめを深刻にさせている最大の問題点ではないか、と考えている。
 
○減った外での遊び
 4、5年前、同教授は小学上級生について、次のような調査をした。
        テレビ    勉強
 福井の農村  3時間3分  29分
 京都市    2時間25分 1時間30分
 芦屋市    1時間35分 2時間53分
 いずれの地域でも、帰宅してから寝るまで4時間前後の余暇があるのに、外遊びをする子はほとんどいなかった。
 昨年9月、千葉、兵庫、新潟など6県の小学4―6年生1800人に聞いた遊びの調査では、「今年になって知らない子と仲良く遊んだこと」が一度もないと答えた子が46.9%もいた。
 子供たちは昔から遊びの群れの中で、ケンカをする場合は素手でしよう、弱い子は強い子が守ろうといったルールを、身に着けていた。子供同士の付き合い方も、そこで知ったのである。そうした場を失った子供が、節度のないいじめに走るのも、当然といえなくもない。
 勉強(塾)とテレビを押し付け、子供たちから群れをなす機会を奪ってしまった大人は、いま何をすればいいのか。「管理」して抑え込むのではなくて、子供の群れを再生させる努力と、その道筋を、大人たちは見つけ出さねばなるまい。
 (おわり)


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(28,694成果物中)

成果物アクセス数
493,952

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年4月22日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から