日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【憲法改正について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2002/11/04 産経新聞東京朝刊
民間憲法臨調 軍隊の保持明記を 9条改正先行を提言
 
 民間の立場から憲法改正のための提言を行う二十一世紀の日本と憲法有識者懇談会(民間憲法臨調)の三浦朱門・代表世話人(元文化庁長官)らは三日、都内で記者会見し、憲法改正にあたっては第九条の改正を先行すべきだとする緊急提言を発表した。八日に緊急提言を衆参両院の憲法調査会に提出する。
 緊急提言では「冷戦後も内外情勢は厳しく、国際社会はわが国に一国平和主義に安住せず、世界平和のための積極的な貢献を期待している」と指摘、「最小限、九条第二項を削除し、軍隊の保持を明記」するよう求めた。
 また国家主権意識の喪失をもたらすとして憲法前文を改正し、歴史と伝統に基づく国家像を盛り込む必要性を強調。憲法改正国民投票法の早期成立も求めた。
 このほか環境、プライバシーなど新しい権利の導入とともに、国家社会の基礎的単位である「家族の保護」規定の新設も特徴となっている。
 民間憲法臨調は記者会見後、「憲法フォーラム」を開催し、約三百人が出席。村田良平・元外務事務次官とジャーナリストの櫻井よしこ氏が記念講演を行った。
 村田氏は、米中枢同時テロをきっかけに大量破壊兵器を開発・保有する敵性国への“予防戦争ドクトリン”を米国が打ち出したことで、第二次世界大戦の経験でつくられた現行憲法や国連憲章は時代遅れになったと指摘。櫻井氏は「この国のおかしさ、矛盾、他国とあまりに違う点に気づくが、突き詰めていくと憲法にたどりつく。国家の自立は軍事力が支えている。憲法を考えるときに一番重要な問題は九条だ」などと訴えた。


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
25位
(28,901成果物中)

成果物アクセス数
273,031

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年6月10日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から