日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【憲法改正について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1999/07/30 産経新聞東京朝刊
【主張】憲法調査会 改憲への道筋を切り開け
 
 衆参両院に憲法調査会が設置されることが本決まりとなった。国会が憲法と真っ向から向かい合うのは戦後初めてである。来年の通常国会から論議が開始されるが、「論憲」の場ができたことだけで満足してしまってはなるまい。今後は、「憲法改正」を可能にする道筋を切り開くため、一層の努力が求められよう。
 憲法調査会は当初、衆院にだけ設置するという国会法改正案が衆院を通過、参院段階で参院にも設置するように修正され、衆院に回付されて本会議で可決、成立した。
 調査会は衆院五十人、参院四十五人で、予算委員会なみの規模となる。国会の閉会中にも開くことが可能で、通常の委員会と同様、閣僚の出席を求めたり、公聴会開催や参考人からの意見聴取などもできる。おおむね五年をかけて論議を重ね、報告書をまとめて議長に提出する。途中段階での中間報告も行うことができる。
 自民党などは当初、法案審議ができる常任委員会の設置を考えていたが、民主党など“論憲派”の支持も得るため調査会に落ち着いた。調査会では論議がいくら進んだとしても、改正案をつくったり、これを審議したりすることはできない。
 憲法をめぐる議論を展開するのは結構だが、具体的な改正作業を始めるのは“五年後”から、ということになってしまっては、調査会が改憲への取り組みを“さぼる”場につかわれるおそれなしとしない。改正への機運が高まっているだけに、せっかくの調査会が逆効果になることを懸念しないわけにはいかない。
 ここは国会の権威にかけても、調査会の論議と並行して改正に向けての環境整備を進めるべきであろう。とくに自由党などが主張している改正に必要な国民投票の法制化は、これまで当然、国会として備えておかなくてはならなかったもので、調査会とは切り離してでも急ぐべきである。
 政治、経済、社会などあらゆる側面で行き詰まり状況をみせている日本の現状を考え、新しい世紀にこの国がどう生きていくべきかを追い求めていけば、戦後憲法体制そのものに突き当たらざるを得ない。
 そうした視点に立って、多方面での試みが展開されつつある。民間の立場で政治の刷新を追求してきた政治改革推進協議会(民間政治臨調)は、新しい日本をつくる国民会議(二十一世紀臨調)に衣替えし、憲法の総括的検証に着手する構えだ。憲法見直しは国民的課題となっている。政治はこの事実を正面から見据えるべきである。


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
25位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
271,352

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から