日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【憲法改正について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2002/11/02 読売新聞朝刊
「憲法改正」が大勢 9条「解釈憲法」を問題視/衆院調査会中間報告
 
◆9条「解釈改憲」を問題視 「新しい人権」明記の主張
 衆院憲法調査会=ミニ時典2面=の中山太郎会長は一日、中間報告を綿貫衆院議長に提出した。中間報告は、調査会での議論を安全保障、基本的人権などのテーマ別に論点整理し、各論を併記したもので、具体的な方向性は打ち出していないが、焦点の憲法改正の是非については、国内外の情勢の変化に対応して改正すべきだとの意見が大勢を占めた。また、九条について改正すべきだとする意見が改正不要論を大きく上回ったほか、環境権など「新しい人権」の明文化を求める主張が多数で、施行から五十五年を経た憲法のあり方を問い直し、改正を促す内容となっている。調査会は二〇〇五年に最終報告をまとめる予定だ。〈関連記事3・4面、座談会12・13面、要旨14・15面〉
 中間報告は全七百六ページ。二〇〇〇年一月の調査会発足から二年九か月余の調査会委員(衆院議員)と参考人(有識者)らの発言を整理した「憲法の各条章に関連する主な議論」が柱で、憲法の構成に沿って
〈1〉総論的事項
〈2〉天皇制
〈3〉安全保障及び国際協力
〈4〉基本的人権
〈5〉地方自治――
など十二項目に分類した。
 憲法改正の是非をめぐっては、「憲法は現状に合わなくなっている」「日本の未来のあるべき国の形などを盛り込むべきだ」などの改正意見が圧倒的に多く、「憲法は理想、目標を掲げ、現実の政策は法律で対応すればよい」などとする改正不要論は少数にとどまった。
 九条については、近年の自衛隊の国際協力活動などに関して、政府が憲法解釈の変更を積み重ねる「解釈改憲」を問題視する意見が多かった。集団的自衛権については、「保有しているが行使できない」とする政府解釈を批判し、行使可能なことを憲法に明記するよう求める主張が目立った。
 改正意見の具体的内容では、戦力の保持を禁じる九条二項について、自衛隊の存在を踏まえ、改正か削除を求める意見が多かった。現在の自衛隊の存在については合憲、違憲の両論があったが、いずれも「存在を憲法に明記すべきだ」とする意見が多数を占めた。
 環境権、プライバシー権などの「新しい人権」については、「(憲法制定時の)五十年以上前は想像できなかった概念」として憲法への明記を求める意見が不要論を上回った。また、緊急事態への対応について、根拠規定を憲法に明記すべきだという主張が大勢を占めた。
 中山会長は報告のまえがきで、憲法制定後の国内外の情勢の「大きな変化」には「憲法を支える基本的考え方に影響を与えるものも少なくない」と指摘し、憲法改正の必要性を示唆した。
 二〇〇五年の最終報告では、憲法改正の是非などについてどこまで具体的な方向性が打ち出せるかが焦点となる。


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
25位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
271,352

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から