日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【憲法改正について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1999/08/09 読売新聞朝刊
[社説]「憲法」国民投票法の制定を急げ
 
 現行憲法の制定以来、ずっと続いてきた国会の“憲法無視”状態に、ようやく変化が見えてきた。
 自由党が、憲法改正国民投票法案の国会提出準備を進めている。自由党案の内容についてはいろいろな議論があり得るとしても、国会にはできるだけ早く、国民投票法を制定する責任がある。
 憲法九六条には、「この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成を必要とする」とある
 国民投票手続きの詳細は、当然、そのための法律で定めなければならない。最高裁判所裁判官の国民審査については、憲法が施行された一九四七年のうちに法律が制定されている。
 憲法改正手続きについても、五二年四月二十八日に日本が独立国としての主権を回復した直後には、政府部内に法制定への動きがあった。が、結局、法案自体が未完成のまま終わった。その後は、政治の場で、憲法改正国民投票法が具体的に議論の対象になったことは、まったくない。
 憲法改正に際しての国民投票は、国民の最も基本的な主権行使の形態だ。そのための法整備は、国民主権のありようにかかわる政府、国会の義務である。いわば、政府、国会とも、“不作為”による違憲状態を続けていたことになる。戦後日本を歪(ゆが)めてきた“憲法タブー”の一面といえよう。
 この国会では、衆参両院に憲法調査会を設置する改正国会法が成立した。しかし、「憲法調査会には憲法改正の議案提出権がなく、五年をめどに報告書をまとめるだけなのだから、国民投票法の制定を急ぐ必要はない」という見方もあるだろう。
 だが、憲法の規定に基づく政府・国会の法制化義務はさておいても、やはり、法制化は早い方がいい。憲法改正の是非や、具体的な問題点を巡る論議が熱気を帯びる前に、国民投票法のあるべき内容について、冷静な議論による国民投票法を整備しておくことこそが重要だ。
 憲法改正には、全文改正も部分改正もあろう。いずれにしても、複数の改正点を一括して投票の対象にするのか、一条ごとに可否を問うのかといった問題自体が、政治的対立の焦点になることもあり得る。
 その場合、投票形式そのものが投票結果に影響するとして、議論が政治的に混乱することもあり得るだろう。
 そうした様々な可能性を考えれば、憲法改正国民投票法は、改正の内容そのものと切り離して議論できるうちに制定しておく方がいい。
 自由党は、この秋にも予想される臨時国会に、この法案を提出する方針という。
 来年の通常国会からは、両院の憲法調査会がスタートする。国会は、本格的な「論憲」を始める前に、まず、これまで放置していた憲法改正国民投票法を仕上げておくべきである。


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
25位
(28,998成果物中)

成果物アクセス数
273,629

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年8月19日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から