日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【憲法改正について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1993/02/03 読売新聞夕刊
自民・小沢調査会答申 国際貢献は改憲避け対応 「解釈拡大」に異論も(解説)
 
 自民党の「国際社会における日本の役割に関する特別調査会」(会長=小沢一郎・元幹事長)の答申の特徴は、武力行使を目的とした自衛隊の参加を正規の国連軍に限定し、具体的な改憲の提言にまで踏み込むのを避けたことだ。
 正規国連軍に参加を限定したのは、多国籍軍や朝鮮戦争型の準正規国連軍が国連としての意思に基づく行動かどうか議論の余地が残るのに比べ、正規軍なら「憲法が禁じている主権の発動としての武力行使とはまったく異質で憲法上も問題ない」との判断からだ。
 しかし、政府は「国連軍に自衛隊を参加させることは憲法上の問題が残る」(平成二年十月、工藤敦夫内閣法制局長官答弁)としており、今回の提言との隔たりは大きい。また、野党の中には武力行使を国際貢献の重要な役割とすることへの根強い反発があるうえ、自民党内にも「国連軍とはいえ憲法の新解釈で対応するのは無理」などの批判がある。
 こうした問題点は同調査会内部でも論議され、途中段階では「むしろすっきりと改憲を提言して国民的議論を起こすべきだ」との意見もあった。しかし、小沢氏は「改憲への道のりはなお遠く、その間、国際貢献をしないわけにはいかない」との政治判断から改憲論を抑えた経緯がある。
 結局、今回の提言では、憲法改正による論理的な分かりやすさより、自衛のための武力行使以外は一切禁じてきた従来の政府解釈に風穴をあけることを優先した形だ。言い換えれば「新時代に合った憲法の読み方をして欲しい」というのが提言の眼目だと言っていい。
 今後、新解釈に対する反対論や、正規国連軍に参加を限定したことで「国際貢献の幅を狭めた」との批判が噴き出ることも予想され、提言をきっかけに憲法論議に一段と拍車がかかりそうだ。  (政治部 村岡彰敏)


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
25位
(28,901成果物中)

成果物アクセス数
273,031

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年6月10日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から