日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【憲法改正について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1994/11/04 毎日新聞朝刊
[社説]憲法 いま改正の状況にあるのか
 
 憲法が公布されてまる四十八年たった。冷戦の激化の中で、改正を求める動きもないではなかった。が、平和理念を掲げた憲法は、今では国民の中にどっしり根を張って定着したと言えよう。
 読売新聞は三日付の紙面で、同社内で検討してきた憲法改正試案を発表した。理由は「現憲法では十分に対応できない新たな状況が生まれて」いるからと言う。
 私たちは憲法を不磨の大典とは思っていない。時代に応じて適切に論議するのは必要とも考えている。しかし今、しかも逐条的な改正試案まで作って世に問うときだろうか。疑問を持つのは、まずこの点である。
 同紙は「解釈改憲を認めるか、観念的護憲論にしがみつくかの道しかない状況に置かれてきた」と認識し「こうした混乱を放置していいのか」と問題を投げかける。
 果たしてそうだろうか。むしろ社会党の政策転換で、国論の亀裂は埋まりつつあるのではないか。私たちは節度なき拡張解釈にくみするものではないが、少なくとも政治上は妥協の余地が、かつてよりは広がってきたと考える。
 それよりも何よりも国民はいま、憲法改正を緊急かつ切実なものと位置づけているだろうか。私たちの世論調査によると、憲法改正を「今の日本にとって緊急課題だと思う」としたものは二五%に過ぎない。「思わない」が三六%、「どちらともいえない」は三七%で、四分の三が緊急性を認めていない。
 加えて憲法改正が現実の政治課題となっているとも思えない。自主憲法制定を党是とする自民党でさえ、その声はトーンダウンしている。
 現在の憲法には成立したときの理念と四十八年間に付加した信念の、さまざまな背景がある。過去への反省だけでなく、将来へのあかしでもある。私たち一人ひとりが平和を築いていこうとする思い入れもある。
 そして憲法はまた、謝罪も含めたアジアへのメッセージであり、平和に徹するとの誓いでもあった。アジア諸国がこの憲法を注視してきたのは紛れもない事実である。それを今、変えたいと言う。
 これを聞くアジア諸国の不安、警戒は、いかばかりか。日本は、まだ確固たる信頼感を彼らから得ていない。アジア諸国との信頼回復に全力を挙げるほうが、先決ではないか。
 改正試案の内容に、いちいち立ち入るつもりはない。が、ただ一つ指摘したいことがある。それは「前文」である。なるほど現在の憲法は美文ではない。しかし前文には理念がある。あるべき国家像がある。夢がある。これに比べれば改正試案は、かなりドライである。現憲法の精神が骨抜きになった印象を受ける。
 同紙は憲法改正の理由に、冷戦構造の崩壊をしきりに力説する。確かに崩壊した。民族、宗教、地域の反目が噴き出て、目下、混乱しているのも事実である。しかしその先はどうなるのか。
 憲法改正をうたう以上、次に来る日本国家が、国際社会が、人類と地球がどうなるのか、見通しがなければなるまい。見通しが難しいなら、あるべき姿が描けねばなるまい。それがあっての憲法改正であり、前文だと思うのだが、残念ながら読み取ることはできなかった。
 私たちは憲法論議に反対するものではない。しかし今改正の状況とは判断しないし、改正を論議する時期とも考えない。だからなぜ急ぐのか、理解に苦しむのである。


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
25位
(28,901成果物中)

成果物アクセス数
273,031

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年6月10日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から