日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【憲法改正について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1957/08/14 毎日新聞朝刊
[社説]憲法調査会の任務を果たすには
 
 憲法調査会は、十三日初会合にこぎつけたが、社会党不参加のままでは、首相の「あいさつ」にあった「政党政派を超越し、挙国的に行なわれるべき」という理想からは遠いといわなければならない。会議の第一日は正副会長を決めただけで、問題の議事規則は翌日に持ちこされた。正副会長の人選は、現在の委員の顔ぶれからすれば無難なところであろう。それよりも注目されたのは、各委員の間から社会党の参加を求めるために、いろいろ論議がかわされたことである。調査会の任務を真面目に遂行しようとする熱意があればあるほど、社会党の参加を求めるのは当然である。
 しかし社会党は、調査会の発足にあたって、これまでの単なる反対態度から一歩を進めて、断固廃止せよという声明まで打ち出した。現行憲法の維持を建前とする同党の改正反対の態度はわかる。しかしそうだからといって、一たん国会で成立した調査会そのものまで、廃止を迫るなどは、そこらの排外団体の態度とえらぶところはない。このような態度は、社会党のために感心できない。
 社会党は不参加の理由の一つとして、自らの反対する改憲に共同責任を負わされることをあげている。これは調査会の委員の多くが改憲論者であり、したがって改憲は既定のコースであり、それに参加することは、責任を分担するだけの結果におわる、という見方からでたものであろう。しかしこのような断定は見当ちがいである。委員中の改憲論者の底には、そうした意図も流れているかもしらないが、少なくとも調査会のあげている任務には、そうした決定権のないことは明らかである。調査会における調査審議の結果が内閣や国会に報告されるだけである。しかもその報告も、議事規則のいかんによって、必ずしも単一のものになるとはきまっていない。少数意見も尊重する建前から二案も三案もあってよいわけである。社会党にこの点の心配があるなら、それを条件にして参加してもよいはずだ。
 この点からいっても、議事規則その他会の運営について、政府からの支配干渉を排し、調査会の自主的な運営をはかるためには、できるだけ広い角度からの調査と自由な審議が保障されることが必要である。そして少数意見も尊重するようにして、数による採決で審議をしばらないほうがいい。そうすれば社会党も不参加の理由を失うであろう。また現実問題として、衆参両院とも改憲勢力が決定権をもつ三分の二に達していないのであるから、無理に調査時日を急ぐ必要もあるまい。十分な時間をかけた論議の成果を時に応じて一般に公開し、憲法問題をめぐる世論をよびおこすことも、調査会の一つの仕事であってよい。憲法改正の是非は抽象的に論ぜられることは久しいが、その具体的な内容については、一般にはあまり知られてないのが実情だからである。


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
25位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
271,352

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から